« 横浜の風景から 98 | トップページ | 読売日本交響楽団 2009/2010 »

2010年5月27日 (木)

ベルナルト・ハイティンク 6

昨日に続いて、ハイティンク指揮ロンドンフィルによる
ショスタコーヴィチの交響曲。今日は第15番。
こちらは1978年3月にロンドンでの収録である。
録音が素晴らしく、打楽器の活躍が冴えわたる。
様々な作品からの引用がちりばめられており、
その辺は親しみを感じる部分ではあるのだが、
晩年のショスタコーヴィチによるこの交響曲は、
私にとっては、最も難解な複雑にして緻密な作品である。
独特の荒涼とした感じ、打楽器の孤独な音色、
ハイティンクのしっかりと構えた音楽作りは実に名演だ。

CDR597

「ベルナルト・ハイティンク」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 98 | トップページ | 読売日本交響楽団 2009/2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48474947

この記事へのトラックバック一覧です: ベルナルト・ハイティンク 6:

« 横浜の風景から 98 | トップページ | 読売日本交響楽団 2009/2010 »