« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 黒門亭で志ん橋・歌武蔵・才賀 »

2010年5月 1日 (土)

南西ドイツ放送交響楽団

ハンス・ツェンダーの指揮によるシューベルトの交響曲全集。
バーデン・バーデン、フライブルクの南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
交響曲 第7番 ロ短調 D.759「未完成」(2001.2.6)
交響曲 第8番 ハ長調 D.944(2003.1.28-30)
ツェンダー指揮の交響曲全集もいよいよ最後の一枚で
シューベルトの傑作が並んでいるが、ここでも素晴らしい!
下手すると膨張傾向に凡庸な響きに聞こえる作品だが、
そこはしっかり引き締めて、スッキリとシャープに
実に明瞭な演奏である。細やかに丁寧な音楽が魅力的。
基本は極めて現代的な客観性によっていると思うのだが、
渋いドイツの音色と職人的な味わいも兼ね備え、
ツェンダーのシューベルトには、とにかく楽しませてもらった。
張りつめた緊張感の「未完成」には引き込まれ、
そしてハ長調はさらに面白く、管楽器の音色が独特である。
この交響曲全集は名演だと思う。私のお気に入りとなった。

Hanssler 93.120

|

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 黒門亭で志ん橋・歌武蔵・才賀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48236044

この記事へのトラックバック一覧です: 南西ドイツ放送交響楽団:

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 黒門亭で志ん橋・歌武蔵・才賀 »