« 黒門亭で小袁治・小ゑん・はん治 | トップページ | ウルトラ大怪獣レモネード »

2010年6月14日 (月)

落語につぶやき 30~猫怪談

今日は寝る前にちょっと六代目圓生師匠で
「猫怪談」という噺。はじめて聞く。
怪談噺で怖いの?と思ったら与太郎である。
大家さんと与太郎のやり取りが本当にふたりいるみたい。
羅宇屋(らおや)の甚兵衛さん(74歳)も登場で
噺の場面はかなり怖い情景(上野の不忍池)なのだけど
与太郎が笑えるので楽しい噺。これはいい。
後半は与太郎が死んだ父に優しい言葉をかけて
与太郎って、バカだけど…心はきれいで。
あんまり聞く機会がないけれど、
今の噺家でやる人はいないのか?
でも何で「猫怪談」という題が付いているのだろう…
猫はどこにも出てこないので…不思議だ。

|

« 黒門亭で小袁治・小ゑん・はん治 | トップページ | ウルトラ大怪獣レモネード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48633315

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 30~猫怪談:

« 黒門亭で小袁治・小ゑん・はん治 | トップページ | ウルトラ大怪獣レモネード »