« レナード・バーンスタイン 15 | トップページ | マリス・ヤンソンス 1 »

2010年6月24日 (木)

ベルナルト・ハイティンク 7

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドンフィルによる
ショスタコーヴィチの交響曲。今日は第4番。
1979年1月にロンドンのキングズウェイ・ホールで収録。
これぞ名演である!ハイティンクの厳しい音楽作りが冴えわたる。
ハイティンクはこの第4番と第8番の交響曲を度々取り上げているが、
この演奏を聞いても作品との相性は抜群であり、
その後もずっと得意としてきたことがよく理解できる。
第4番は本当に面白い。最も謎に満ちた交響曲として有名だが、
私は専門的な分析はしていないけれど、多様な形式が複雑に交錯し、
仕上がり具合は少々支離滅裂ぎみな…作曲者が狙ったところだが、
とにかく興味深くて…引き込まれる!私の大好きな作品である。

CDR608

「ベルナルト・ハイティンク」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« レナード・バーンスタイン 15 | トップページ | マリス・ヤンソンス 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48713278

この記事へのトラックバック一覧です: ベルナルト・ハイティンク 7:

« レナード・バーンスタイン 15 | トップページ | マリス・ヤンソンス 1 »