« アルフレッド・ブレンデル 9 | トップページ | 横浜の風景から 102~大さん橋より »

2010年7月 3日 (土)

黒門亭で市馬・小満ん・左楽・扇遊

今日は早く出た。いつもより一時間早く。
私は小満ん師匠と左楽師匠が聞きたくて、
このお二人って、黒門町のお弟子さんだが…
他にも市馬師匠と扇遊師匠が出演で
これはたいへんな事態!並ぶな…という。
あっ!小ゑん師匠だ~って、何と番頭さん。
第1部に「四万人突破記念」の抽選会があるので
師匠が仕切るんだな…という。なんか得した気分。
10時50分ぐらいか整理券が出て、
小ゑん師匠から整理券をもらって、さらに得した気分!
11時には「満員札止め」に。お祭り気分だ。

第1部 四万人突破記念
柳家緑太:道灌
橘家蔵之助:蛇含草
三遊亭金也:家見舞
柳亭市馬:粗忽の使者
柳家小満ん:ろくろっ首


はじめての前座さん。花緑一門の緑太さんだって。
今のところ一番新しい前座さんだが、「道灌」で
落ち着いたご隠居と粗っぽい八つぁんの対比、
演じ分けがきっちりできていて、落研出身なのかな?
蔵之助師匠が「蛇含草」で見せる落語だ。楽しい。
金也さんが「家見舞」で何とも臭ってくるようだけど、
「家見舞」は夏の噺というわけではないのか?
でも何となく今の季節にはちょうどいい。
仲入り後、小ゑん師匠と蔵之助師匠の司会で抽選会。
出演者の寄書き色紙と黒門亭オリジナル扇子。
外れた…色紙欲しかったな!まあ…いいか。
続いて市馬師匠が楽しいマクラの後に「粗忽の使者」。
市馬師匠の粗忽侍「じぶたじぶえもん」は、
…漢字で書くと「地武太治部右衛門」らしいが…
何とも大らかで、その抜けているところに味があって、
さっきのこともみんな忘れてしまう…のんびりしたところ、
いいのである。何度聞いても魅力的な噺。
第1部のトリで小満ん師匠は「ろくろっ首」だ。楽しみにしていた。
わが家には五代目小さん「ろくろっ首」の録音があり、
くり返しくり返し聞いて、大好きなのだけど、
きっと師匠は小さん師匠の柳家の芸を大切にしているだろう…
と期待していたところ…思った通りの素晴らしさ!
松公は与太郎とは微妙に違うのか?でも罪がない感じで…
それをからかい半分のおじさんがまた独特の印象で
小言っぽいところはあるけれど…悪い人ではないし、
「ろくろっ首」は最初から最後まで面白い…これぞ夏の噺!

20100703a

第1部と第2部の入れ替えの時間にちょっと黒門町を散歩。

20100703b

小満ん師匠がおっしゃっていた「黒門小学校から100mぐらい」
先代桂文楽の黒門町の師匠が最初に下宿していた場所、
お稲荷さんの二階に住んでいたことがある…だそうで
その後、東京を転々とした後に有名な黒門町の家を構えた。
そのお稲荷さん、昭和54年に改築されたとのことだったけど
この「煎弓稲荷神社」でいいのだろうか?
もし間違っていたら…ごめんなさい。
正しければ…桂文楽ゆかりのお稲荷さんです。

第2部
入船亭辰じん:手紙無筆
三遊亭多歌介:浪曲社長
柳亭左楽:景清
入船亭扇遊:不動坊

今日は辰じんさんが緑太さんの指導係のようで
第2部は辰じんさんの「手紙無筆」から。
辰じんさんがこの噺をもっているというのは知っていたのだが、
よく聞くけれど、彼の「手紙無筆」ははじめて。上手い!
続いて多歌介さんで…圓歌師匠から
昔の「山のあなあな」はやってもいいといわれているとのことで
おっ!これは「浪曲社長」ではないか…という
圓歌師匠の昔の録音で「授業中」と「浪曲社長」があるのだけど
もちろん生で聞くのははじめてである。かなり下ネタだったが、
圓歌一門ならではの一席で…貴重なことであり、再び得した気分。
待ってました!の左楽師匠。盲人の噺がはじまり…
これは黒門町の文楽の得意ネタ「景清」ではないか!
こちらも実演で聞くのははじめて。すごい!
腕のいい職人だった定次郎さんが失明して、
自暴自棄になっている様子だが、石田の旦那が力づけて、
陰ながら見守り、ときには諭して、そのやり取りは人情噺。
100日の願掛けを見事に成し遂げ、満願の日、その帰りに
雷と嵐に遭遇し、恐怖の中で気を失うが、
目覚めたときには、見えるようになっているという
その劇的な情景描写と感動!何て素晴らしいのだろう。
左楽師匠の「景清」は聞けてよかった。
今日のトリは扇遊師匠の「不動坊」。
「不動坊」はよく聞いているが、描写が豊かで細やかな師匠だと
やはり全然違うな…って、ちょっと改めて、これは唸ってしまう!
でも基本的には、屋根の上で喧嘩がはじまったり、
インチキ幽霊が寝返ってしまったり、明るい噺なので、
聞いていて気持ちいいし、扇遊師匠も華やかだ~
ちょっとひとつ…冷房がきき過ぎで…この辺で体調も限界に。

20100703c

|

« アルフレッド・ブレンデル 9 | トップページ | 横浜の風景から 102~大さん橋より »

コメント

楽しく読まさせていただいてます
こんにちは
いつも的確な感想で、行かなくても想像できるので嬉しいですね
ゴージャスな出演者ですね
11時には札止めって凄い!!
一番の人はいったい何時に並んでいるのでしょうか??

最近、私もブログというものを立ち上げてみました。
まだ超初心者の域ですが、お暇な時がありましたら、お立ち寄りくださいませ
http://ameblo.jp/990903/

投稿: おみつ | 2010年7月 9日 (金) 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48795319

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で市馬・小満ん・左楽・扇遊:

« アルフレッド・ブレンデル 9 | トップページ | 横浜の風景から 102~大さん橋より »