« 横浜の風景から 107 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

2010年8月 4日 (水)

横浜の風景から 108

戸塚区柏尾町の国道1号線「不動坂」の周辺。
現在も交通の要所だが、かつて江戸の時代にも
東海道と大山道の分岐点だったのである。

20100804f

分かれ道のところにある「益田家のモチノキ」。
神奈川県指定天然記念物だそうである。
通常3~8mのところ、こちらは18mに及ぶという…
他に類を見ない巨木で、東海道の江戸の頃にも
街道の目印として旅人に親しまれていたのだろう。
ということを考えると…改めて歴史を感じるのである。

20100804g

東海道から大山道の方へ向かってみる。
現在ではJR東海道線の手前で行き止まりだが、
かつての大山道の現在の様子である。

20100804h

「従是大山道」の道標がある大山不動尊。
この先、泉区の方へ行くと「大山道」の道標はあるのだが、
こちらは「従是」というのが付いていて、何かうれしい。
地元で大切にされているようで、きれいに整備されており、
それも訪れた人に喜びを与えてくれる。

20100804i

「従是大山道」の後ろでさらに「従是大山路」の道標が立っているが、
その横には庚申塔らしき石塔があった。正面に「聞かざる(猿)」。
右側面には「見ざる(猿)」、左側面には「言わざる(猿)」。
上にいるのはお不動様か?よく見ると赤い字で「庚申供養」ともあった。

|

« 横浜の風景から 107 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/49061146

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 108:

« 横浜の風景から 107 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »