« 現場レポート~住宅H-B | トップページ | ラファウ・ブレハッチ 1 »

2010年9月11日 (土)

ユジャ・ワン 1

近年、注目の存在ながら…聞かずに来てしまったピアニスト。
ユジャ・ワンはN響の定期公演でデュトワと共演しているので
全く聞いたことがないというわけではないのだが、
今日はDGへの録音で2010年1月にハンブルクで収録された
ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」からの3楽章、
スカルラッティのソナタK.466とK.380、
ブラームスのパガニーニの主題による変奏曲、
そしてラヴェルのラ・ヴァルスを独奏版で…というプログラム。
「ペトルーシュカ」からの3楽章が大好きで聞きたくなってしまい、
他の作品に関してもユジャ・ワンは超絶技巧の冴えが圧倒的で
安心して聞いていられるし、表現についても考え抜かれている。
ブラームスのパガニーニの主題による変奏曲が実に見事!
デビュー盤となったショパンやリストのソナタも聞きたくなってしまった。

CDR630

|

« 現場レポート~住宅H-B | トップページ | ラファウ・ブレハッチ 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/49418566

この記事へのトラックバック一覧です: ユジャ・ワン 1:

« 現場レポート~住宅H-B | トップページ | ラファウ・ブレハッチ 1 »