« 柳家小満ん 「強飯の遊び」 | トップページ | ユンディ・リのノクターン 2 »

2010年10月 7日 (木)

ユンディ・リのノクターン 1

ユンディ・リのショパンで夜想曲全集より今日はその前半。
作品9、作品15、作品27、作品32、作品37の第12番まで。
2009年11月と2010年1月にチューリヒで収録。
音が美しい。人工的とも思えるような徹底したコントロール。
デリケートな表情が特長で…しかし弱々しいところはなくて、
しっかりと芯の通った確固たる音楽が貫かれ…さすがにユンディ。
妥協なく…厳しい姿勢で臨み、夜想曲といえどもリラックスはない。
ちょっと堅苦しくも感じられ…近年登場した夜想曲で
ポリーニやネルソン・フレイレと比べると…若さかな…という。
ユンディ・リの才能は間違いないので、ショパンも魅力的だが、
この集中力をいかして、この辺でベートーヴェンを聞いてみたいかも。
その前に明日…ノクターンの後半に期待している。

EMI 6 08391 2

|

« 柳家小満ん 「強飯の遊び」 | トップページ | ユンディ・リのノクターン 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/49677763

この記事へのトラックバック一覧です: ユンディ・リのノクターン 1:

« 柳家小満ん 「強飯の遊び」 | トップページ | ユンディ・リのノクターン 2 »