« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 落語につぶやき 54~小言幸兵衛 »

2010年10月23日 (土)

黒門亭で志ん弥・世之介・小満ん

今日は小満ん師匠を聞きに朝から黒門亭へ。
第1部も魅力的な顔付けで楽しみにしていた。
黒門亭では、トリはネタ出しが多いのだけど
今日は世之介師匠も小満ん師匠も出ていなかったので
こういう日は期待以上の大ネタが来る!という…
まさに今日はそうした展開で大満足な一日だった。

第1部
柳家緑太:道灌
三遊亭歌扇:締め込み
古今亭志ん弥:宿屋の仇討
三遊亭圓王:大安売り
金原亭世之介:文七元結


前座さんは緑太さんでこの何ヶ月かよく出会う。
とちったときのとっさのアドリブがきくという話は聞いていたのだが、
「ななへやへ…はなはさけとも…山伏の…味噌一樽と鍋と釜敷き」
のところでかんじゃって、「肝心なところでかんでるんじゃないよ」と
自分で突っ込み。会場は爆笑。即座に冷静な対応はすごい。
「道灌」に関していうと…八っつぁんとご隠居の描きわけはできているので
間のとり方に変化をつけるともっとご隠居が生きてきそうな。
前座さんは持ち時間が決まっているからそうもいっていられないか…
続いて歌扇さんが「締め込み」。「さんぼう」のマクラから泥棒噺である。
歌五さんのときは聞いたことがあったのだが、歌扇さんになってからはじめて。
志ん弥師匠がマクラで旅とか駕籠とか…場面が神奈川の宿になって、
来た!「宿屋の仇討」。これが素晴らしかった。感動しちゃう一席。
志ん弥師匠って、骨格的に似ていると声も似るというのがいえるのだけど
志ん朝師匠にそっくりで…聞いていて重なってくるという!すごくよかった。
仲入り後は圓王師匠で…志ん弥師匠の「宿屋の仇討」と後の世之介師匠が
大ネタを聞かせます!というような予告もあって、その間に入って軽く一席と
噺は「大安売り」なのだが、アマチュアの落語家さんにそうしたネタを教えていますと
いろんな話題を聞かせてくれて…面白かったし、充実していたのだ。
トリの世之介師匠が「大安売り」の相撲つながりからか野球賭博の話になって
博打のマクラから町方の取り締まりが及ばない寺や神社、大名屋敷に賭場があったと
細川屋敷の話になってきて、博打ですると褌に半纏一枚で帰らされる。
来た!「文七元結」。この冬、最初の「文七元結」である。大ネタ。
世之介師匠は、笑わせどころでは十分に笑わせて…面白く、楽しく…
そして同時にこの噺の感動的な…人情噺としてもきっちりまとめあげているという
素晴らしい一席であった。長講。50分ほどか?終演は14時40分。

20101023a

第2部
柳家緑太:道具屋
古今亭志ん馬:明烏
いなせ家半七:持参金
柳家小満ん:小言幸兵衛

第2部の開口一番、緑太さんの二席目は「道具屋」。
続いて志ん馬師匠が「明烏」。こちらもよかった。
何となく…若旦那が合うよね!という。
半七師匠が「ご縁」から「持参金」で「五円」の噺。
「持参金」は録音では聞いたことあったのだが、
実演で聞くのははじめて。「金は天下のまわりもの」。
この噺も「壺算」とかと同じでお金を使ったマジックのような。
今日のトリは、待ってました!の小満ん師匠。「小言幸兵衛」だ。
言葉がぞんざいな豆腐屋~丁寧な仕立屋~乱暴で威勢のいい人
というふうに幸兵衛さんを三人が訪ねて、これぞ本寸法である。
豆腐屋の場面では小言三昧。仕立屋が来ると幸兵衛さんの妄想が広がり、
とにかく喋りまくるのだが、小満ん師匠の早口がすごくて…澱みなく進み…
どこで息継ぎしているのだろう…と思ってしまうような…お見事!
小満ん師匠は、いつもは手元に茶碗をおいて、場面が変わるごとに
一口すするのだけれど…今日はないな…と思ったら、
「小言幸兵衛」は走り出したら止まらないので、「無用!」ということだった。
実は「落語の蔵」の「らくだ亭」で28日の木曜日に小満ん師匠がネタ出しで
「小言幸兵衛」を演じるということは知っていたので、今日聞けてよかった。
いつもながらお見送りの小満ん師匠にご挨拶。お会いできてうれしい。

20101023b

外に出たら緑太さんもネタと一緒にお見送り。

|

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 落語につぶやき 54~小言幸兵衛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/49830244

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で志ん弥・世之介・小満ん:

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 落語につぶやき 54~小言幸兵衛 »