« 横浜の風景から 120 | トップページ | 横浜の風景から 122 »

2010年11月 3日 (水)

横浜の風景から 121

20101103m

泉区上飯田町の中屋敷天満宮。
隣の建物は、中屋敷自治会館。
本興寺のすぐそばで中屋敷という地区らしい。

20101103n

少し歩いて「正一飯嶋稲荷神社」。
地図にあったので、訪ねてみたのだが、
すると飯島さんという方の個人の神社で
あまりにも立派で驚き。付近に飯島家は多い。

20101103o

少し歩いて「いちょう団地前」交差点近くに石塔。
右は道祖神だが、左が「二十三夜地」とある。
「二十三夜」の講中とは何だろう?
調べてみたら「二十三夜待」とは、
月の23夜に勤行・飲食を共にして、月の出を待つとある。
23夜というと夜中の12時前に月が出るということか。

|

« 横浜の風景から 120 | トップページ | 横浜の風景から 122 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/49928976

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 121:

« 横浜の風景から 120 | トップページ | 横浜の風景から 122 »