« 落語につぶやき 58~明烏 | トップページ | 第246回 柳家小満んの会 »

2010年11月13日 (土)

黒門亭で馬遊・福治・菊丸

今日は夜の「柳家小満んの会」を楽しみに
お昼すぎに出掛けて、その前に黒門町に立ち寄って、
菊丸師匠の「にらみ返し」を聞きに黒門亭の第2部だけ。
いつもと違う時間で…まあ適当に早めに動いていたのだけど
ちょっと早く着き過ぎた。後に並ぶ客もいなくて、ずっとひとり。
でも協会の前で待っているといろいろな噺家さんが出入りして楽しい。
さん吉師匠が出てこられたので、「こんにちは!」と笑顔で挨拶すると
「あ~、お疲れさま!」って。?。…。前座さんと間違えられたのかな。
愉快愉快。面白すぎ。第1部の番頭さんが朝太さんで得した気分。
でも第2部の開場前に仕事を終えて帰っちゃった。淋しい。

第2部
柳家フラワー:道灌
金原亭馬遊:不精床
柳家福治:試し酒
古今亭菊丸:にらみ返し


前座さんはフラワーさん。花緑一門。はじめて聞く。
噺は「道灌」。第1部で「小町」を演じたようで…
今日、朝から「通し」だったら、「道灌」を上下で聞けたわけだ。
上下とはいわないのかな?「道灌」の通し。
いま一般的によく聞ける「道灌」は後半部分である。
続いて馬遊さんが「不精床」。三日前だったか?
酔っ払って、自転車に乗って、怪我をしたって。痛そう。
福治さんが「試し酒」。権助キャラはまりすぎ!
一升盃の三杯目から四杯目に移るところで
べろんべろんの酔っ払いから…その光景を眺める旦那に移るところ
鮮やかに人物が切り替わって、印象に残っている。
「試し酒」って、もちろん面白いし、悪ふざけの楽しい一席だが、
それ以上にいい噺だなって、最近よく思う。
そして待ってました!菊丸師匠の「にらみ返し」。
これがめちゃめちゃよかったのだ。大好きな噺。
前半の「一歩も引かねえ」の喧嘩場面も迫力あったし、
後半の「言い訳屋さん」の「にらみ返し」の面白さ!
いや…恐いのだけど、何だかかわいいような…憎めないような…
顔芸であり、煙管を巧みに操るという点では、
目の前に広がる光景のすべてが素晴らしいのだけど
菊丸師匠はよかった。大晦日の掛取りで…追い込まれた風景、
その…もうどうしようもないという駆け引きにドラマが生まれる。
これを乗り越えれば、春が来る!がんばろう!

20101113a

|

« 落語につぶやき 58~明烏 | トップページ | 第246回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50025381

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で馬遊・福治・菊丸:

« 落語につぶやき 58~明烏 | トップページ | 第246回 柳家小満んの会 »