« 現場レポート~住宅H-A | トップページ | 横浜の風景から 135 »

2010年12月23日 (木)

横浜の風景から 134

ローソンのポストに年賀状を出した後、
戸塚行のバスに乗って、下岡津のバス停で下車。
少し歩いて、最初の目的地である普光寺を目指す。

20101223a1

普光寺の参道へ曲がる角に祀られている石塔。
これは双体道祖神だろうか?左右に一体ずつ…

20101223a2

道祖神と思われる石塔の横には六体のお地蔵様があり、
盛土の上には天神社が祀られている。

20101223a3

天神社のお社の右側には筆塚があり
原田由右衛門の門人の建立だそうである。
原田由右衛門は、岡津町で寺子屋を開いていた人で
同じく岡津町の西林寺にも門人たちが建てた記念碑がある。

20101223a4

天神社のお社の左側には庚申塔。
三猿は「見ざる・聞かざる・言わざる」の順。

20101223b

そして奥には普光寺がある。立派だった。
高野山真言宗だそうで弘法大師の石造のまわりに
四国八十八カ所の砂が敷き詰められた砂踏霊場。

|

« 現場レポート~住宅H-A | トップページ | 横浜の風景から 135 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50380881

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 134:

« 現場レポート~住宅H-A | トップページ | 横浜の風景から 135 »