« 落語につぶやき 71~2010年の噺 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »

2010年12月30日 (木)

私が聞いた今年の名盤2010

恒例の「私が聞いた今年の名盤」を決めてみたものの
昔に比べ新譜が減ったということも大きいが、
ちょっと少ないので…今年は「
」は控えよう。
ブレンデルのモーツァルトが圧倒的で…

そしてビシュコフのアルプス交響曲もよかった…

というような感じにはなると思うのだが。

《交響曲》

◎R.シュトラウス アルプス交響曲~ビシュコフ指揮WDR交響楽団
○マーラー 交響曲第9番~ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団

《管弦楽》

◎ニューイヤーコンサート2010~プレートル指揮ウィーンフィル

《協奏曲》

◎モーツァルト ピアノ協奏曲ハ長調K.503
  ~アルフレッド・ブレンデル ハンス・ツェンダー指揮南西ドイツ放送交響楽団
  (2002年2月15日 バーデン・バーデンでのライブ録音)


《室内楽》
特になし

《器楽曲》

◎ショパン 夜想曲全集~ネルソン・フレイレ
◎ラヴェル 鏡~ピエール・ローラン・エマール

○ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ~マレイ・ペライア

《歌劇》
特になし

《声楽曲》
特になし

《ライブ盤》

◎R.シュトラウス 英雄の生涯、ウェーベルン 夏風の中で~ハイティンク指揮シカゴ交響楽団

は特に大切に感じられる名盤です)

|

« 落語につぶやき 71~2010年の噺 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50442174

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2010:

« 落語につぶやき 71~2010年の噺 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »