« 圓生百席 「掛取り万歳」 | トップページ | 横浜の風景から 138 »

2010年12月26日 (日)

柳家小満ん「べけんや」

20101226_2

小満ん師匠の「べけんや わが師、桂文楽」(河出文庫)を
最近読んでいて、これが実にいいのである。
名人桂文楽という人は美しかった…といわれるけれど
高座の上だけでなく、すべてが美しかったのだと。
小満ん師匠の桂小勇の頃の修業時代の思い出話だが、
師匠への憧れに満ちた文章は感動的だし、
紹介されている様々な出来事は思わず吹き出してしまう…
小満ん師匠ならではの軽やかさで、楽しい本なのである。
戦後昭和の昔の話題は勉強になることも多い。

|

« 圓生百席 「掛取り万歳」 | トップページ | 横浜の風景から 138 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50407401

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小満ん「べけんや」:

« 圓生百席 「掛取り万歳」 | トップページ | 横浜の風景から 138 »