« 横浜の風景から 139 | トップページ | 落語につぶやき 71~2010年の噺 »

2010年12月28日 (火)

桂文楽 「星野屋」「富久」

八代目桂文楽師匠の録音を聞いている。
「小言幸兵衛」「星野屋」「富久」の三席。
古い録音だが、こうして名人の声を聞き、
小満ん師匠の「べけんや」を読んで
文楽師匠のお人柄にふれていると
勝手ながら…目の前にいらっしゃるようで
何とも感動的である。いい声だ!
年末の噺で「富久」は大好きで
この12月は小満ん師匠と一九師匠で
二回聞けたのだが、その原点は文楽師匠である。

|

« 横浜の風景から 139 | トップページ | 落語につぶやき 71~2010年の噺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50423057

この記事へのトラックバック一覧です: 桂文楽 「星野屋」「富久」:

« 横浜の風景から 139 | トップページ | 落語につぶやき 71~2010年の噺 »