« 落語につぶやき 79~阿部川町 | トップページ | しばらく家事息子 8 »

2011年1月25日 (火)

落語につぶやき 80~怪談阿三の森

何か聞いたことのない噺…珍しい噺を聞きたいと
今日は志ん生師匠の「怪談阿三の森」である。
圓朝作品のリストにあるのだが、志ん生さんもいっているけれど
実話に基づいているようで…どうやら圓朝作ではないという記述も。
一席目は発端で「梅見団子」でのお三と阿部新十郎の出会いの場面で
二席目はいよいよ怪談になるのだが、死んだお三が幽霊となり、
新十郎の元へ通ってくるのだけど、蛇の姿になったお三を捕え、
雀の森に埋葬する。森はいつの間にか阿三の森と名前を変えて、
祠はお三様と呼ばれる…深川の阿三稲荷の由来である。
噺の印象は「牡丹灯籠」に似ているので、わかりやすい。

|

« 落語につぶやき 79~阿部川町 | トップページ | しばらく家事息子 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50686829

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 80~怪談阿三の森:

« 落語につぶやき 79~阿部川町 | トップページ | しばらく家事息子 8 »