« キース・ジャレット 3 | トップページ | 落語につぶやき 86~よかちょろ »

2011年2月26日 (土)

横浜の風景から 151~三サバ参り

境川沿いに存在する「サバ神社」をめぐる「七サバ参り」に
立春の日に行ってきたので、泉区の和泉川沿いにも
三つの「サバ神社」があるのだが、今日は「三サバ参り」に行ってきた。

20110226a1

相模鉄道いずみ野線のいずみ中央駅からスタートで
最初に泉区和泉町の「佐婆神社」。ここを訪ねるのは三度目か。
後ろの陸橋は相鉄いずみ野線。車窓からも神社の境内が見える。

20110226a2

「佐婆神社」である。

20110226b1

和泉川に沿って歩く。後ろの建物は泉区役所。

20110226b2

いずみ中央の駅に戻って、さらに南を目指す。
少し歩いて「右橋」から和泉川の上流を見る。

20110226c1

泉区和泉町の「中之宮左馬神社」。立派な境内だ。

20110226c2

「中之宮左馬神社」である。

20110226c3_2

社殿の横には地神塔や庚申塔など
石塔が集められている。

20110226c4

庚申塔が二基。

20110226d

再び和泉川沿いに南に向かって下流へ。
御蔵橋に続いて、関島橋にて上流を見る。

20110226e

宝心寺というお寺の境内に庚申塔。
右の石塔は大山道の道標にもなっている。

20110226f

草木橋にて和泉川の上流を見る。
正面の陸橋は市営地下鉄のブルーライン。
地下鉄ではないけれど、湘南台の近くで
この辺では一部地上を走っている。

20110226g

泉区和泉町の「第六天神社」。
境内の隣には「弁天池」があり、
親孝行の息子が池の水を樽に汲んで
病気の酒好きな父親に飲ませたところ酒になって、
それを知った村人が一儲けしようと汲んでみたら
元の水に戻ってしまった…という孝子伝説が残っている。

20110226h1

そして今日の三番目の「サバ神社」で和泉町の「鯖神社」。

20110226h2

神社は「鯖神社」と呼ばれているが「鯖大明神」とある。

20110226i

鯖神社から再び和泉川沿いに戻ってきたが、
この「鍋屋橋」で和泉川とはお別れ。
川を渡ると下飯田町で…ここで引き返す。

20110226j1

「下飯田」交差点の近くで東泉寺というお寺があるが、
その横には「琴平神社」があった。

20110226j2

鳥居から参道の横に石塔が集められていた。

20110226j3

右は庚申塔である。三猿もいる。
左はわからない。

20110226k

琴平神社から少し歩いた道路沿いに双体道祖神。

20110226l1

しばらく歩き下飯田町の渡戸橋近くにある「左馬神社」。
こちらへは前回の「七サバ参り」のときにもお参りしているのだが
境内の奥に庚申塔があることを後で知り、
つまり前回は見落としたのだが…それで再び訪れた。

20110226l2

左が庚申塔で右は堅牢地神塔。社殿の右奥にあった。

20110226m

近くにはいずみ野線のゆめが丘駅があり、
長閑な農業地区を歩いて行くと馬頭観世音があった。

20110226n1

梅林の向こうにはゆめが丘の駅が見える。
相鉄線では「湘南台」とこの「ゆめが丘」が新しく、
特に「ゆめが丘」は個性的なデザインが特長で…

20110226n2

しかし「ゆめが丘」は農業地区の真ん中に駅があって、
周辺には住宅地もないし、店舗もないし、
土曜日の午後というのにこの様子。
駅は自動改札だから駅員の姿も見えないし、
ホームにも客はいなくて…静かだ。のんびり帰宅。

|

« キース・ジャレット 3 | トップページ | 落語につぶやき 86~よかちょろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50978207

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 151~三サバ参り:

« キース・ジャレット 3 | トップページ | 落語につぶやき 86~よかちょろ »