« 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 1 »

2011年2月21日 (月)

バイロイト音楽祭2010

20110221_3

バイロイト音楽祭のホームページより
歌劇「ローエングリン」の指揮者
アンドリス・ネルソンスの写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2010年のバイロイト音楽祭から歌劇「ローエングリン」(新演出)。
7月25日、音楽祭の開幕公演である。まずは全体を通して。
ヨナス・カウフマンとアンネッテ・ダッシュの存在が大きいと思うが、
概ねは評判に終わったようで…録音での鑑賞ではあるので
とりあえずアンドリス・ネルソンスの指揮について最初の印象。
よく鳴り、明るく躍動し、色彩豊かな…極めて健康的といえる…
オペラ的な要素の強い演奏である。でもちょっと能天気であり、
独りよがりに突き進む場面も多く、ここは渋い音が欲しいな…
ここは精妙に聞かせてほしいな…というところで
どんどん前に行ってしまうので、私には不満も多い。
少ししたら改めてじっくり聞いていく予定だが、
エヴェリン・ヘルリツィウスのオルトルートは聞きものである。

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50936300

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2010:

» カイルベルトの「リング」(1955年ライヴ) [クラシック音楽ぶった斬り]
戦後バイロイトの1つの頂点を刻む記録。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 17:19

« 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 1 »