« 横浜の風景から 151~三サバ参り | トップページ | シュロモ・ミンツ 1 »

2011年2月27日 (日)

落語につぶやき 86~よかちょろ

名人桂文楽の十八番「よかちょろ」を聞いている。
明るく楽しい…実にバカバカしい…大好きな噺である。
旦那が道楽者の若旦那に説教をしていて
「私は親だから許しても天が許さない。」という台詞があり、
これが…小満ん師匠の「べけんや わが師、桂文楽」に
たしか書いてあったと思うのだが、
「私は許しても天が許さないよ。」という
文楽師匠がお弟子さんにお小言をいうときの
得意の台詞だったそうなのである。この場面ももちろん
小満ん師匠の「よかちょろ」に忠実に受け継がれている。

|

« 横浜の風景から 151~三サバ参り | トップページ | シュロモ・ミンツ 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50989279

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 86~よかちょろ:

« 横浜の風景から 151~三サバ参り | トップページ | シュロモ・ミンツ 1 »