« 横浜の風景から 149~七サバ参り 2 | トップページ | ニューイヤーコンサート2011 »

2011年2月 6日 (日)

黒門亭で菊丸・白鳥・柳朝

一ヶ月ぶりの黒門亭だ。寄席で聞く落語もそれ以来。
今日のお目当ては菊丸師匠で、二部には白鳥さんも出る!
そして結論から先に書いてしまうけど…柳朝さんがよかった!


第1部
柳家おじさん:たらちね
柳家喬の字:浮世床
古今亭菊丸:うどん屋
橘家二三蔵:まんじゅう怖い
柳家〆治:阿武松


前座さんは「おじさん」さん。前座になりたての頃に一度聞いて
なぜかそれ以来、チャンスがなかったのだけど、すごくよくなった。
表情が明るくなって、落ち着いて、堂々と喋る貫禄の存在。
喬の字さんが「浮世床」を通しでサゲまで。寝小便のオチ。
「太閤記」をスラスラ読めないところ…しつこい場面ではあるけれど
ここが喬の字さんだと面白くて、失礼ながらドジキャラが意外に似合う!
芝居の掛け声もよかったし、すごく楽しい「浮世床」だった。
そして菊丸師匠の「うどん屋」が絶品。前半の酔っぱらいが絡むところ
酔った表情や仕草や呂律の回らない言葉使い…とにかく描写がリアルで
後半のうどんを食べる場面も思わずお腹がすいてしまう…
寒い夜に鍋焼きの湯気が上がっているような
鰹だしの香りがこちらにまで届いてくるような…感動の一席であった。
やはり食べ物の噺で味や匂いや温かさの感じられるのは素晴らしい。
仲入り後に二三蔵師匠が「まんじゅう怖い」でパクパク食べた後、
この絶妙な時期に〆治師匠が「阿武松」という…これはネタ出しで。
少しずつ笑いを盛り込んでいるのだけど、〆治師匠の語りは締まっていて
「阿武松」はいい噺だし、やはりすごくよかった。そういえば…
最初に「八百長のなかった頃のお噺です」と断りが入って、面白い。
相撲の力士で…若手から兄弟子にそして師匠へと順に移るところで
だんだん声が低くなっていき、その演じ分けもすごく印象的だった。

20110206a


第1部と第2部の間で少し時間があったので湯島天神へ。

20110206b1

男坂を上ったのだけど、すごい人出で…さすがに受験シーズンだ。


20110206b2

絵馬の数にも驚くが、すでにお礼参りも多いみたいで。

20110206b3

参道に店が並んでいるのだけど、これは「梅まつり」と思ったら、
2月8日からだそうである。梅はまだこれからだ。


第2部
柳家おじさん:平林
三遊亭白鳥:雪国商店街
春風亭柳朝:明烏
林家源平:愛宕山


開口一番の「おじさん」さん「平林」の後、白鳥さんのネタ下し。
地球温暖化と環境問題を考える!ということで「雪国商店街」。
白鳥さんの雪ん子がかわいくて…後で雪女も登場するし、
この辺はメルヘンチックな白鳥ワールドだ。
ネタ下しの探りながらという…この空気感も面白さだし、
とてつもない展開にびっくり仰天というのが新作の魅力。
続いて柳朝さんが「明烏」だ。これがまたよかった!
今風な空気が漂っているのだけど、源兵衛と太助の荒っぽさ、
それに比べて時次郎の初な若旦那ぶりがはまっていて、
私的にはすごく気に入った「明烏」だったのである。
柳朝さんが吉原の華やかさや美しさをうまく語りだす。
名人文楽の「図々しい学校を卒業して」も挿入されていたし、
花魁の衣装や様子、大見世の情景など、解説もうれしい。
柳朝さんの語りの上手さもあるけれど
落語に対する美意識みたいなものが伝わってきて、見事!
今日のトリは源平師匠の「愛宕山」。
マクラにて、前座時代の圓生師匠とのやり取りが面白すぎ。
噺の方は短めに…あっという間の「愛宕山」だった。

20110206c

|

« 横浜の風景から 149~七サバ参り 2 | トップページ | ニューイヤーコンサート2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50797287

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で菊丸・白鳥・柳朝:

« 横浜の風景から 149~七サバ参り 2 | トップページ | ニューイヤーコンサート2011 »