« 落語につぶやき 85~十八壇林 | トップページ | 横浜の風景から 148~七サバ参り 1 »

2011年2月 3日 (木)

「サバ参り」の考察

大和市・藤沢市と横浜市の境界を流れる境川。
その流域に「サバ」と読む神社が多く存在していて
現在は名称が変わってしまったけれど
かつては「サバ」であった神社も含めると
全部で12社あるという。

なぜ「サバ」か?については諸説があるようだが、
横浜市瀬谷区橋戸の左馬社にてその由来の解説を読むと
祭神の「左馬頭(さまのかみ)源義朝」によるらしい。

かつて境川流域の村では、疱瘡、麻疹、百日咳など
疫病が流行すると川の東西に点在する神社をまわり、
厄除けをする七サバ参りが盛んだったそうである。
しかしながら現在では、それがどの七社だったのか?
というのは不明で、残されている文献でも様々だそうだ。

そこで私なりに地図で調べて
境川の東西に位置している神社と
和泉川の東西に位置している神社とで分類してみた。

境川の上流(北)から
左馬社(横浜市瀬谷区橋戸3丁目20-1)
左馬神社(大和市上和田1168)
左馬神社(大和市下和田1108)
飯田神社(横浜市泉区上飯田町251)
七ツ木神社(藤沢市高倉1126)
左馬神社(横浜市泉区下飯田町1389)
鯖神社(藤沢市湘南台7丁目192)

和泉川の上流(北)から
佐婆神社(横浜市泉区和泉町4814)
中和泉左馬神社(横浜市泉区和泉町3253)
鯖大明神(横浜市泉区和泉町709)

その他
佐波神社(藤沢市石川139)
左馬神社(藤沢市西俣野)

境川沿いに七社あるのだが…

|

« 落語につぶやき 85~十八壇林 | トップページ | 横浜の風景から 148~七サバ参り 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50768604

この記事へのトラックバック一覧です: 「サバ参り」の考察:

« 落語につぶやき 85~十八壇林 | トップページ | 横浜の風景から 148~七サバ参り 1 »