« キース・ジャレット 2 | トップページ | 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 »

2011年2月19日 (土)

黒門亭で伯楽・小里ん・朝太

今日は少し寒い中、朝から黒門亭へ。
お目当ては小里ん師匠で…さらには伯楽師匠も
そして二ツ目では志ん吉さんと第2部のトリは朝太さん。

第1部
古今亭きょう介:子ほめ
古今亭志ん吉:代脈
金原亭伯楽:落語解説
林家二楽:紙切り
柳家小里ん:一人酒盛


前座さんはきょう介さん。その後には志ん吉さんなので
偶然だろうけど志ん橋一門の兄弟で出演だ。
きょう介さんは実は久しぶりな気がする。
ちょっと不器用そうだけど丁寧にきちんと高座を務めているところ
志ん橋師匠の芸が伝わっているなと私は応援している。
目の動きとか所作も細かなところを決して疎かにしない…
噺の流れでごまかさない…このまま歩めばきっと大きくなるのだ。
続いて兄弟子の志ん吉さん。ちょっと意外?なところで「代脈」。
志ん吉さんは声もいいし、すごく上手いので安心して聞いているのだが、
今日の主役は医者見習いの銀南だけど…爽やかすぎるよ!って。
ちょっと大人っぽい銀南かな?というのは、白酒さんのイメージと比較で
もうちょっと子供っぽくて、ずるくて、生意気で…という方が面白いかな?
それはこれから時間をかけて作り込んでいくキャラ作りであり、
いまは志ん吉さんの口から志ん吉さんの言葉で「代脈」が語られており、
もちろんそれこそが大切なことで、話芸の魅力はそこにあるのだが、
さらには志ん吉さんという存在が消えて、銀南が現れたらもっと魅力的だろうと…
まだ志ん吉さんが姿も声も噺もいいよ!というきちんと演じられている状態で
いつの日かその外側の形を崩しはじめる段階がくることを期待!
新二ツ目なので…そんなのは先の先のことなのか。
志ん坊時代からお気に入りの前座さんだったので期待が大きくて!
今日はお客の中にお子さんがいて、4年生のお兄ちゃんと1年生の妹さんだが、
それで伯楽師匠が「落とし噺とは…」というので小噺でオチの解説。
扇子と手拭いで「手紙を書く」「たばこを吸う」「そばを食べる」所作の解説。
芝居の舞台を例にして、上下の解説。これが楽しい。リラックス!
文生師匠との小学校をまわって、子供たちに落語を聞かせて歩いた話や
今日はお喋りで終わったのだが、こういうのもすごく心地よくて、魅力的な師匠。
仲入り後、紙切りの二楽さんが、同じくお子さんを意識しつつの進め方だけど
こちらはまた毒のあるトークなので…面白すぎ!だけど…それ以上は書けない。
「ここだけの話にして下さいよ…」って、二楽さんも言っていたけど
意外とどこでも喋っていることなのではないか?とは感じつつ…でも面白すぎ。
紙切りの作品は素晴らしく「桃太郎」「桂小南治」「バニーガール」「ドラえもん」。
第1部のトリは待ってました!の小里ん師匠。「一人酒盛」である。
小里ん師匠はいうまでもなく…素晴らしすぎ。酒が進んでいく中で感動の芸。
熊さんが留さんを相手に結局一人で全部飲んでしまうのだけど
ほとんど独りごとのような内容ながら…目の先…手の先、指の先…には
しっかりと相手の存在、そのやり取りが見えてきて、何て素晴らしいのだ。
最初に留さんはおかみさんに「言うことしっかり言わないとダメだよ!」って
説教されて熊さんのところに行くのだが、熊さんも途中に留さんに向かって
「お前もどんどん飲まないとダメだよ」という一応酒を勧めているのだけど
そこでまたいろいろなことが起きて、留さんには一滴も行かない…というトリック、
ここがまた鮮やかに説得力のある…実に面白いところで本当にお見事。
ついには留さん…カンカンになって怒って、怒鳴るのだが、その迫力!
怖いぐらいの凄まじさだけど、小里ん師匠はいいな…って、今日は満たされた。

20110219a

第2部 光る二ツ目の会 105
古今亭きょう介:手紙無筆
春風亭一左:粗忽の釘
柳家花ん謝:紙入れ
古今亭朝太:干物箱

開口一番のきょう介さん「手紙無筆」の後、「光る二ツ目の会」がスタート。
一左さんが「粗忽の釘」。一朝一門の春風亭の「粗忽の釘」だと思うのだが、
柳家の「粗忽の釘」と古今亭の「粗忽の釘」がミックスされた感じで
でもよかったのが、最初に前の長屋を出る前に…箪笥を背負うところで
おかみさん「おじいさんは引越しの間、二階で寝ているよ」と
これは「おじいさんを二階に忘れてきた…そそっかしい」という
本当のオチにつながる部分であり、最後まで行くかも!と期待したのだが、
「明日からここにほうきを掛けに来ないといけない」で現在のオチだった。
ちょっと残念。あと仏壇を開けて「お宅は門徒ですな」もいい。
中には阿弥陀様が祀られているという。細かいところまで詳しく。
花ん謝さんは今回が初めて聞く。マクラの辺は、初花さんタイプ?
後半、ちょっと勇ましい旦那で珍しい印象だったが、
それゆえに新吉・旦那・おかみさんと三人の存在が際立っていた。
今日のトリは朝太さん。大好きな二ツ目さんである。ネタは「干物箱」。
面白かった。バッチリ!特に何か書く必要もなく、朝太さんは心地いい!
今日聞いていて思ったのだけど…サゲに関して
「善公は器用だね。今度はお父っつぁんにそっくりだ」というオチ、
すごく面白い…なんて、今までは感じたこともなかったので
何か今日の朝太さんの「干物箱」は感じるものがあったらしい。
噺を聞いて、発見があったときって、すごく印象に残るものなので
「干物箱」という噺が、私の中に入ってきてくれたなあ…というのは喜び。

20110219b

|

« キース・ジャレット 2 | トップページ | 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/50917449

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で伯楽・小里ん・朝太:

« キース・ジャレット 2 | トップページ | 三遊亭圓生「位牌屋」「代脈」 »