« ジョン・エリオット・ガーディナー 1 | トップページ | キース・ジャレット 4 »

2011年3月 3日 (木)

オッターとメルヴィン・タン

昨日はマルコム・ビルソンによるモーツァルトを聞いたが、
久々だとフォルテピアノの音色があまりに心地よかったので
今日もモーツァルトとハイドンを聞くことにした。
メルヴィン・タンによるフォルテピアノの演奏である。
アンネ・ゾフィー・フォン・オッターと共演した歌曲集。
1994年9月にストックホルムで収録されたもの。
実に魅力的!モダン楽器もいいのだけれど
こうして聞いているとモーツァルトやハイドンは
ピリオド楽器の方がいいのでは…とつい思ってしまう。
やはりフォルテピアノの音量って小さくて
ピアノが遠くから優しく聞こえてくる感じで
歌とピアノのバランスが通常の歌曲とは全く違うが、
オッターの歌がメルヴィン・タンのピアノにまさに寄り添い、
室内楽的というか…小さな空間での贅沢な味わいである。
鑑賞しているこちらも音楽に吸い込まれていくような
この感覚は古典様式における独特なものなのだろう。
ハイドンのカンタータ「ナクソスのアリアンナ」は
オペラ的な雰囲気で表現の幅も拡大する…最高!

ARCHIV 447 106-2

|

« ジョン・エリオット・ガーディナー 1 | トップページ | キース・ジャレット 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51023885

この記事へのトラックバック一覧です: オッターとメルヴィン・タン:

» フリッチャイのモーツァルト:後宮からの逃走 [クラシック音楽ぶった斬り]
フリッチャイに選ばれた歌手たちは、若手ばかりで、青春がはち切れそうなガンバリを見せる。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 00:27

» フリッチャイの「魔笛」 [クラシック音楽ぶった斬り]
フリッチャイは、ハンガリー出身の指揮者で、実力者となるとともに、モーツァルトの録音も多くなった。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 8日 (火) 19:38

» クリップスのモーツァルト:ドン・ジョヴァンニ [クラシック音楽ぶった斬り]
ひとことで言えば、オペラ・ブッファ側に軸を置いた、ウィーン風の《ドン・ジョヴァンニ》なのだ。 [続きを読む]

受信: 2011年3月12日 (土) 20:38

« ジョン・エリオット・ガーディナー 1 | トップページ | キース・ジャレット 4 »