« 緊急地震速報の空振り | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテル 1 »

2011年3月24日 (木)

人体に影響がないのなら…

すべての発端は巨大地震だが、
津波が来て、原発事故が起きて、
停電するようになり、ガソリンや食料不足、
ひとつずつ立ち向かおうとすると
新たな問題にぶち当たる…
そしていま…野菜が出荷停止になり、
水が飲めなくなるのではという危機感。
これから先…一体、何が起きる!

発表される数値やその単位については、
正直なところ、よくわからないが、
しかし健康被害が想定される規定値の
はるかにはるかに小さい量の数値である。
ただちに人体への影響はないという。
しかし食べるな…飲むな…という。
枝野さんが発表している数値やコメントが
すべて真実であるとして、嘘偽りはないと思うけど
人体に影響がないのなら…そんなに微量な数値は
検出されなければいいのに…体に関係ないわけでしょ。
計測する機器の精度がよすぎるのではないか…
もちろん細かいところまで正確に出る計測器は素晴らしい。
しかし結果、それによって、必要以上の不安を与え、
社会に混乱を引き起こすことになる。さすがにそろそろ疲れた。
「検出されました。でも健康には問題ありません。」
といわれて、本当かよ!?って、むしろ疑いたくなる。
隠蔽されるよりはいいけれど、恐怖心を煽っているだけのような…
原子力発電は欠かせないエネルギーであると
誰もが理解を示しつつあるような状況にきていたが、
やはり問題が発生したときにその中身を知らなさ過ぎることは
今となっては反省することばかりなのである。
基本的には非常に警戒しないといけない段階にあると心得ているけれど
実際のところ、どれほどの恐怖にさらされているのか…
それもわからないし、全くイメージのできないところで
大変な事故が起きているということが、最大の危機なのだ。

|

« 緊急地震速報の空振り | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテル 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51207984

この記事へのトラックバック一覧です: 人体に影響がないのなら…:

« 緊急地震速報の空振り | トップページ | スヴャトスラフ・リヒテル 1 »