« 落語につぶやき 89~矢橋船 | トップページ | 横浜の風景から 153 »

2011年3月28日 (月)

横浜から歩いて帰ると…

今日は神奈川県庁に設計事務所の年次報告書を
提出に行ってきた。もっと早く出すつもりだったのだけど
震災があって、いろいろなことが起こったので
何となく後まわしになり、月末ギリギリになってしまった。

それで今回の大震災を経験して、ひとつ考えていたのが
3月11日の地震の日に東京の杉並から横浜へ
たいへんな苦労をして帰ってきたので
まずは横浜の中心部から自宅まで歩いて帰った場合の
道のりや時間…そしてどれくらい疲れるのか?
一度、実際に歩いて、感覚をつかんでおこうと
今日は天気もいいし、実行してみることにした。
横浜の関内・桜木町周辺で大震災に遭遇したとして
鉄道などの交通網が麻痺し、徒歩による帰宅を余儀なくされたと想定。
コースはいくつかあるのだが、なるべく高低差のないルートで
相鉄線沿線の国道16号を歩くのは、ちょっと遠まわりの気もするので
今日は保土ヶ谷駅を経由して、保土ヶ谷区今井町から
旭区南本宿町へ至るコースを採用してみた。

20110328a

神奈川県庁を11時35分に出発。

20110328b

すぐにお馴染みの開港記念会館。

20110328c

そしてこちらは、横浜銀行協会。

20110328d

桜木町へ近づくが、神奈川県立歴史博物館。

20110328e

弁天橋からみなとみらい地区を見る。ここで12時。
大岡川の水のすぐそばにまで下りていけるのだが、
でも津波が来たらと思うと恐ろしい。
海の近くだが、こういった運河には、高波は来ないのか?
でもこの辺だと水位の変化はありそうな気がする。

20110328f

高島町に向かってしばらく歩き、そこからは国道1号線を行くが、
京急の戸部をすぎて、写真は「浜松町」の交差点。12時30分。
ここから国道16号線の八王子街道が分かれる。
相鉄線に沿っても行けるのだが、今日はそのまま東海道を進む。

20110328g

保土ヶ谷駅の東口である。税務署の反対側。13時を少し過ぎた。

20110328h

東海道の保土ヶ谷宿でいろいろな史跡を見ることができたのだが、
そちらは後ほどレポートすることにして、写真は「岩崎ガード」で
歩道橋の上から歩いてきた東海道をふり返る。13時35分。
この少し先で1号線からは離れ、旧東海道の方へ入っていくが、
「元町ガード」でJR東海道線の下をくぐり、二俣川方面を目指す。
保土ヶ谷区法泉、境木町、今井町、旭区桐が作、南本宿町…
あとは慣れている地元地域へと近づくのでもう安心だ。

保土ヶ谷宿でいろいろ寄り道をしたり…
南本宿の横浜家系「三國家」でラーメンを食べて、
同じく南本宿の和菓子屋さん「寿々木」で土産の桜餅を買ったり…
だいぶ遅れてしまったが、なんと帰宅したのは15時45分。
時間がかかった。4時間超。携帯の歩数計は25620歩。約18km。
しかし3月11日は同じ時間で32000歩ほどだったので
今日はだいぶ物見遊山に時間を費やしてしまった。
結構疲れたが、大体の距離感はつかめた。
今度はぜひ横浜西口から国道16号を歩くコースを試してみたい。

|

« 落語につぶやき 89~矢橋船 | トップページ | 横浜の風景から 153 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51242327

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜から歩いて帰ると…:

« 落語につぶやき 89~矢橋船 | トップページ | 横浜の風景から 153 »