« 新築住宅の見学会 | トップページ | 地震による部屋の片付け »

2011年3月12日 (土)

杉並から横浜へ…遠かった

昨日(3月11日)のことです。
見せていただいた新築住宅を失礼して
建築士仲間とワイワイ感想を話しながら
久我山駅の商店街にまで戻ってきたのだが、
揺れているような…地震かな?
そうしたらどんどん揺れは大きくなり、
電信柱が波打って、建物がガサガサ音を立て、
商店の中にいた人が外へ逃げてくる。
交差点の真ん中で立ち尽くし、呆然として…
揺れが止まらない。どころか…ますます大きくなる。
そのときは冷静に状況を見つめていたのだが、
後から思い出すと…恐ろしい。ものすごい光景だった。

電車も止まったので、喫茶店に入っていたのだが、
一度大きな余震があり、落ち着かずに
外の状況を知るためにも駅へ行ってみた。
井の頭線は止まったままで、再開のめどは立たず…
一緒にいた埼玉県在住の方々は地図を調べ、
歩いて帰ることに。私はどうしよう…
ひとり待ってみたのだが、寒いし、どうしようもないので
とりあえず小田急線を目指そう。歩いている間に
電車の運行も再開するかもしれない。

井の頭線久我山駅を16時30分に出発。
神田川沿いに歩いて、隣駅の富士見ヶ丘まで。
南へ向かう道があったので、曲がってしばらく進むと
広い通りにぶつかった。中央道だ。勘を頼りに。
勘といっても全く土地勘のない場所である。
しかし標識で「環八通り」が出たので、そっちへ行けばいい。
環八へ出たので後はひたすら小田急を目指し真っ直ぐ進む。
京王線を越えて、小田急の線路に出たのは18時。
駅へ行ってみると「祖師ヶ谷大蔵」だった。
やはり小田急は運転再開していない。
とりあえず線路沿いに歩く。
成城学園前・喜多見・狛江・和泉多摩川
それぞれ駅へ寄っては、運転の状況を見る。
途中公衆電話から家に電話を入れたが、
JRは終日運転見合わせを発表したと。どうする…
和泉多摩川で多摩川を渡るのに線路から離れたが、
登戸・向ケ丘遊園は通過して、生田で駅に寄ってみる。
この辺で小田急の運転再開は見込めないと覚悟したのだが
読売ランド前・百合ヶ丘・そして新百合ヶ丘へ到着。20時20分。
幸いにもバスが走っていることはわかっていたので
小田急はあきらめ…とにかく距離的に近い場所へ向かう手段を。
20年前に桐蔭生だった記憶を必死にたどる。
新百合ヶ丘からあざみ野行の東急バスに乗り、もみの木台で降りると
桐蔭学園まで歩いて行ける。真っ暗で誰もいない桐蔭キャンパス。
鉄神社の前にあるバスターミナルへ行くとすぐに青葉台行が来た。
ここからはバスを乗り継いで…青葉台から若葉台行が運休で
十日市場までしか行けなかったけど、市営バスの若葉台行に乗り換え、
時間が22時だったので、終バスの時間が気になるのであり、
若葉台中央までは行かずに霧が丘高校前で降りると
ここで三ツ境行と十日市場行が分かれるバス亭なのだが
幸いにもすぐに相鉄バスの三ツ境行が来た。あとは安心。
三ツ境には22時15分に到着。ここからはもう歩いて帰れるのだが、
駅へ寄ってみると相鉄は時速15㎞で運転再開しているとのことだったので
ひと駅ながら…寒さと疲労で厳しかったので希望ヶ丘まで乗ることにした。
余震があったとのことですぐには来なかったけれど、22時40分に帰宅。

20110312

地図上の
周辺が出発点の久我山で
地図の一番下の
が終着点のわが家付近である。
この距離をこの状況下で帰宅できたことは奇跡に近い。
久我山から新百合ヶ丘までで携帯の歩数計は31000歩を超えていた。
そこからはバスに助けてもらったけど、運もよかった。
この行動力については、自分を褒めてあげたいと思う。
23時になって、やっと温かい晩御飯にありつけた。
しかし建物の中にいると度々余震が襲ってくる。
興奮もあって、なかなか寝られない夜であった。

|

« 新築住宅の見学会 | トップページ | 地震による部屋の片付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51104189

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並から横浜へ…遠かった:

« 新築住宅の見学会 | トップページ | 地震による部屋の片付け »