« 計画停電と今日の一日 | トップページ | 横浜の震災被害 »

2011年3月14日 (月)

今回の地震で思うこと

報道では、津波被害を伝える映像が多く流れている気がするが、
津波に流され、無残に崩れる木造住宅の姿はショックである。
建築に関わるものとして、あの映像を見てしまうと…
ものづくりへの意欲を失うというか…理想や夢を失うというか…
がっくりきてしまい、すっかり力が入らなくなってしまった。
阪神・淡路大震災のときは、まだ学生だったのだが、
倒壊した建物を目の当たりに構造系の先生方が
同じように肩を落としていたことを思い出す。
その気持ち、いまならば、痛いほどよくわかるのである。
関東大震災以降、建築界は、地震の度に学んだ教訓を積み上げ、
新しい建築づくりに役立ててきたわけだが、
今回の「マグニチュード9.0」という想定外の巨大地震に
その自然の脅威にあまりにも無力な人間の存在…
これからの建築づくり、都市づくりにどう向き合っていけばいいのか…

|

« 計画停電と今日の一日 | トップページ | 横浜の震災被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51121170

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の地震で思うこと:

« 計画停電と今日の一日 | トップページ | 横浜の震災被害 »