« 圓生百席 「花見の仇討」 | トップページ | 横浜の風景から 159 »

2011年4月 4日 (月)

フランス・ブリュッヘン 1

バッハを聞かない私であるが、
全く聞かないわけではないけれど…
このところ、聞こうかなという気持ちになっており、
今日はフランス・ブリュッヘンの指揮による
管弦楽組曲全曲のCDを出してみた。
CD持っている…ということになるけれど
管弦楽組曲はこのブリュッヘン盤のみで
十年以上前にこれを買ったときも同じく
バッハを聞かないと…って、思ったからであり、
それ以降、さらに…とはならなかったので
現在があるような。基本的に古楽好きではないのだ。
ブリュッヘンがここで指揮しているのは、
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団で
1994年10月にロンドンのヘンリー・ウッド・ホールで収録。
聞いた印象は、かなり室内楽的な仕上がりで
それは18世紀オーケストラではなく、
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団と共演しているという
その辺でブリュッヘンの目指している方向性の表れなのか…
でもちょっとやはり、今回も感じるけれど、全体に穏やかで
ブリュッヘンにしては、守りに入っているような。
木質系の音色は心地よいのだろうけれど
音楽の内面から湧きおこってくるような生命力は感じられない。
刺激が少ないので、私のようなリスナーには退屈してしまう。

PHILIPS 442 151-2

|

« 圓生百席 「花見の仇討」 | トップページ | 横浜の風景から 159 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51303851

この記事へのトラックバック一覧です: フランス・ブリュッヘン 1:

« 圓生百席 「花見の仇討」 | トップページ | 横浜の風景から 159 »