« 落語につぶやき 90~肝つぶし | トップページ | キース・ジャレット 6 »

2011年4月 7日 (木)

マレイ・ペライア 1

1975年のマレイ・ペライアでモーツァルトを聞いている。
イギリス室内管弦楽団を弾き振りして
1975年9月12-15日にロンドンで収録された
変ホ長調K.449とハ短調K.491のピアノ協奏曲。
このところアシュケナージや古楽器のマルコム・ビルソンや…
モーツァルトのピアノ協奏曲をよく聞いているけれど
ペライアの全集もまた名演の中の名演である。
1975年のこの録音で全集がスタートした。
現在のペライアからするとこの当時の演奏は
ただひたすらにデリケートな音色なのではないかと
何となくそんなイメージがあるのだが
もちろん細やかで繊細な表情付けは圧倒的だけど
しかしひとつひとつの音がしっかりとした存在感で
いきいきと主張しているのに深く感動する。
さすがにペライアで本当に素晴らしい。
音の美しさもだけど、やはり音楽の躍動感が違う。

CDR666

|

« 落語につぶやき 90~肝つぶし | トップページ | キース・ジャレット 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51328793

この記事へのトラックバック一覧です: マレイ・ペライア 1:

« 落語につぶやき 90~肝つぶし | トップページ | キース・ジャレット 6 »