« バイロイト音楽祭2010 | トップページ | 横浜の風景から 162 »

2011年4月19日 (火)

バイロイト音楽祭2010

20110419a

バイロイト音楽祭のホームページより
歌劇「ローエングリン」第2幕第1場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2010年のバイロイト音楽祭から歌劇「ローエングリン」。
7月25日の公演でアンドリス・ネルソンスの指揮、
演出はハンス・ノイエンフェルスである。
今日は第2幕を第1場の途中から聞いている。
まずはテルラムントとオルトルートの二重唱。
呪いのこもった不気味な場面で…しかしここが
たまらなく魅力的な聞きどころ。お気に入りである。
テルラムントはハンス・ヨアヒム・ケテルセンで
そしてオルトルートがエヴェリン・ヘルリツィウスという
何とも素晴らしくて、すぐにはまってしまう。
エヴェリン・ヘルリツィウスの圧倒的な存在感。
思わずブリュンヒルデを思い出してしまうが、
オルトルートも新たなはまり役といっていい…感動的だ。

20110419b

第2場へと進むとエルザ(アンネッテ・ダッシュ)が登場で
オルトルートは巧みにエルザをそそのかすのであり…
ローエングリンへの疑惑を引き起こさせる。
映像ではなく…録音での鑑賞ということなのだが、
エヴェリン・ヘルリツィウスがあまりにすごくて…
この迫力に比べるとヨナス・カウフマンがどうも目立たない…
録音には向かない声なのだなと…その点は残念である。
舞台演出上の「ネズミ」の意味も知りたいし、
この「ローエングリン」はぜひ映像を観てみたい!

CDR670/671/672

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2010 | トップページ | 横浜の風景から 162 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51438334

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2010:

« バイロイト音楽祭2010 | トップページ | 横浜の風景から 162 »