« 横浜の風景から 162 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »

2011年4月20日 (水)

バイロイト音楽祭2010

20110420a

バイロイト音楽祭のホームページより
歌劇「ローエングリン」第2幕第3場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2010年のバイロイト音楽祭から歌劇「ローエングリン」。
7月25日の公演でアンドリス・ネルソンスの指揮、
演出はハンス・ノイエンフェルスである。
今日も第2幕を第1場の途中から聞いている。
第3場の舞台写真で合唱団のメンバーは
人に見えて…ネズミのしっぽが付いていて、
男声合唱も頭の被り物はないが、足がネズミのまま。
どういう意味があるのだろう…興味あり。
しかし正装であり、女性もパーティー衣装というのは、
ローエングリンとエルザの婚礼を祝っているのだと思うが。

20110420b

こちらはローエングリンのいる第5場かと思うが、
エルザとローエングリンの横にいる防護服の男…
無菌室の中にいるような…そんなイメージであるけれど、
研究用マウスの行動を監視しているという感じか。
この前の第4場で…オルトルートであるが、
名前も素性も明かさぬ騎士(ローエングリン)は
魔性に違いないと主張するのだが、その場面での
エヴェリン・ヘルリツィウスがまたすごい迫力で感動だ。

CDR670/671/672

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 162 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51447157

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2010:

« 横浜の風景から 162 | トップページ | バイロイト音楽祭2010 »