« 今年の圓朝まつりは… | トップページ | マレイ・ペライア 1 »

2011年4月 6日 (水)

落語につぶやき 90~肝つぶし

先月の落語研究会で放送された
さん喬師匠の「肝つぶし」を録画で見て、
聞き終えて思い出したけど、この噺はそういえば、
以前に圓生師匠の録音を聞いていたのだけど
噺の筋がすっかり抜けてしまっていた。
さん喬師匠で聞くと思いだして、面白い!
人の生き肝を飲ませるというところは
かなりスプラッターで気持ち悪いけれど…
そして実の妹を殺して、義理の弟を助ける…という
ここも常軌を逸した所業であり、信じられない…
この場面をリアルに描くべきか…それとも
芝居仕立てにもっていく方がいいのか…
その辺は好みの分かれるところで
しかしここで圓生師匠もさん喬師匠も恐ろしくリアルである。
でも「肝をつぶしたよ」「もう薬にならねえ」というオチは面白い。

|

« 今年の圓朝まつりは… | トップページ | マレイ・ペライア 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51320881

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 90~肝つぶし:

« 今年の圓朝まつりは… | トップページ | マレイ・ペライア 1 »