« 横浜の食風景から 1~いち家 | トップページ | フランス・ブリュッヘン 1 »

2011年4月 3日 (日)

圓生百席 「花見の仇討」

春の噺で「長屋の花見」は今年も実演で聞いているが、
このところ「花見の仇討」を聞きたくて…今日は圓生百席から。
時間的に余裕があるので前半には「錦の袈裟」を組み合わせ。
この二席は、趣向を凝らすというテーマで選んだのだが、
本当はネタが付くので厳禁だけど、私はそういう企画が大好きで…
今ではお馴染みの「花見の仇討」だが、圓生師匠の芸談を聞くと
まだ大正の頃の話か…師匠の四代目橘家圓蔵がこの噺を演じていて
当時は他の噺家は全くやっていなかったそうな…珍しかったそうで
圓生師匠はもちろん四代目圓蔵の型を継承しているので
この噺はたどっていくとすべて「品川の圓蔵」にたどり着くとのことである。
私が最初に聞いた「花見の仇討」は五代目柳家小さんの録音だったので
ちょっと意外な印象でもあり、いま聞けるのはみな圓生型といっていいのかも。

|

« 横浜の食風景から 1~いち家 | トップページ | フランス・ブリュッヘン 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51294384

この記事へのトラックバック一覧です: 圓生百席 「花見の仇討」:

« 横浜の食風景から 1~いち家 | トップページ | フランス・ブリュッヘン 1 »