« むかし家今松 「首ったけ」 | トップページ | 横浜の風景から 164~水路橋 »

2011年5月 3日 (火)

らくだ亭 志ん輔・雲助・小満ん

今日は「落語の蔵」からダウンロード。
第25回「人形町らくだ亭」の前半で
古今亭志ん輔:七段目
五街道雲助:辰巳の辻占
柳家小満ん:笠碁
2010年5月17日に日本橋劇場で収録。
ここでの三師匠と一朝師匠、さん喬師匠の5人で
らくだ亭のレギュラーとなっているが、
その形になったのが、この第25回からのことで
初回は顔見せということか全員登場で
持ち時間は短いけれど、演目は人気の噺ばかり。
志ん輔師匠の「七段目」は聞いたことあるけれど
芝居の場面がいきいきと楽しいし、定吉がかわいく…
雲助師匠の辰巳の心中場面もそこにいるような臨場感。
何とも素晴らしい。そして小満ん師匠だ!
年寄りの意地っ張りでくだらない喧嘩は実に味わい。
「笠碁」をしっかり聞かせる噺家は名人だ。
噺をそのまま聞くと大した内容もないように思うのだけど
年寄りの心の内がにじみ出てきて、そして雨の情景…
この辺で入り込めるときって、魅力的な噺だなと思う。

|

« むかし家今松 「首ったけ」 | トップページ | 横浜の風景から 164~水路橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51570695

この記事へのトラックバック一覧です: らくだ亭 志ん輔・雲助・小満ん:

« むかし家今松 「首ったけ」 | トップページ | 横浜の風景から 164~水路橋 »