« 横浜の風景から 179~八王子街道3 | トップページ | 神奈川の建築家とつくる家 »

2011年5月22日 (日)

柳家権太楼 「くしゃみ講釈」

今日は権太楼師匠の「くしゃみ講釈」と「不動坊」。
お馴染みの爆笑二席を聞いている。何度聞いても面白い。
「意趣返し」というのでネタがくっ付くかもしれないが、
今日のテーマは…「講釈師」つながりというので選んでみた。
「くしゃみ講釈」では、唐辛子を火鉢に仕込むけど
「不動坊」でも瓶から餡ころを出すところなど
何となく似ているなという印象ではある。
「くしゃみ講釈」では犬糞を付けられた一龍斎貞能に仕返しで
「不動坊」では、不動坊火焔が巡業先で死んじゃうけど
同じ講釈師でなくてよかった…という。
権太楼師匠の定番ネタかと思うけど
本当に全く隙のない面白さで完璧だ!

|

« 横浜の風景から 179~八王子街道3 | トップページ | 神奈川の建築家とつくる家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51743627

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家権太楼 「くしゃみ講釈」:

« 横浜の風景から 179~八王子街道3 | トップページ | 神奈川の建築家とつくる家 »