« リッカルド・ムーティ 2 | トップページ | 6月9日の感想 »

2011年6月 8日 (水)

小澤征爾 2~フォーレ

小澤征爾指揮ボストン交響楽団によるフォーレの作品を聞いている。
組曲「ペレアスとメリザンド」、チェロと管弦楽による「夢のあとに」、
パヴァーヌ、エレジー、そして管弦楽編曲版で組曲「ドリー」。
1986年11月にボストン・シンフォニーホールで収録。
フォーレのピアノ作品と室内楽が大好きなのだが、
管弦楽作品というとフォーレはそれほどでもなく…
「ペレアスとメリザンド」には、フルートの名曲でシチリア舞曲が収録され、
チェロのためのエレジーや合唱の入るパヴァーヌは有名だが、
「夢のあとに」と組曲「ドリー」は管弦楽用に編曲されたものである。
癒しの響きに満たされるが、全体に穏やかで主張する作調ではない。
しかしそうはいっても…フォーレ好きにはたまらないモノトーンな色調で
何とも心地のよい…ゆったりとした時間が流れている。

CDR684

|

« リッカルド・ムーティ 2 | トップページ | 6月9日の感想 »

コメント

佐村河内守の交響曲第一番“HIROSHIMA”を小澤征爾にやってほしい私。

投稿: 森の歌 | 2011年7月13日 (水) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/51892895

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤征爾 2~フォーレ:

« リッカルド・ムーティ 2 | トップページ | 6月9日の感想 »