« 6月24日の感想 | トップページ | 「JIN-仁-」 最終回 »

2011年6月25日 (土)

落語につぶやき 99~家見舞い

疲れているときはバカバカしい噺が聞きたくなる…
そして権太楼師匠の声を聞くと元気が出るので
今日は寝る前に「家見舞い」の一席。面白すぎ。
水瓶と肥瓶の形状の違いって、わからないが…
道具屋のおやじは「見てわかるでしょ」って
さかんに繰り返しているのに…このふたり気付かず。
でも家見舞いで瓶をプレゼントした兄貴も気付かず。
道具屋さんが肥瓶は「縁が大きくなってる」と説明しているが…

後半、酒や豆腐の冷奴、ご飯をご馳走になるが、
肥瓶の水を使ったものばかりで…ここばかりは気持ち悪く、
汗まみれになって瓶を運んだり、豆腐の冷奴の場面は、
夏のイメージで…季節は決まっていないのだろうけど、
何となくそう思って、いま聞くのがいいのかなと。

|

« 6月24日の感想 | トップページ | 「JIN-仁-」 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52042842

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 99~家見舞い:

« 6月24日の感想 | トップページ | 「JIN-仁-」 最終回 »