« 6月28日の感想 | トップページ | 落語につぶやき 100~そば清 »

2011年6月29日 (水)

金原亭馬生「船徳」「そば清」

現在の馬生師匠も大好きなのだけど
今日聞いているのは、先代の馬生師匠で
夏の噺を選んで「船徳」と「そば清」。
何とも心地のよい響き。癒される。
とにかく暑いので…噺の方でも夏の情緒。
「そば清」って、まあバカバカしいところが、
障りなく楽しめる…実に長閑な展開で
しかし「そばが羽織を着ておりました」という
サゲに関してはブラック・ユーモアであり…
結局は欲というものが冷静な判断を狂わせて、
そば清さんは破滅する…教訓噺でもあるのだ。

|

« 6月28日の感想 | トップページ | 落語につぶやき 100~そば清 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52078378

この記事へのトラックバック一覧です: 金原亭馬生「船徳」「そば清」:

« 6月28日の感想 | トップページ | 落語につぶやき 100~そば清 »