« 柳家権太楼 「幽霊蕎麦」 | トップページ | アルトゥール・ルービンシュタイン 2 »

2011年6月21日 (火)

小噺「粗忽の稽古所」

え~、従前はと申しますと…
今ほどに楽しみというものがありませんでしたので
どこの町内にも稽古所というものがありまして
長屋中、そろって習い事に出掛けたという。
ちょっと色っぽい女の師匠だったりしますと
男どもは稽古が目当てなのか?
師匠が目当てなのかわからなかったそうな…

辰つぁん:師匠!稽古に来たよ。
師匠:あら、辰つぁん、早いわね。7時からでしょ。
辰つぁん:仕事が終わって、飛んで来たんだよ。
師匠:まあ、お上がりなさいな。まだ30分あるから
私はその間にちょっと晩ご飯をいただいちゃいますから。

辰つぁん:師匠、いつものように自分でお茶入れてご馳走になってるよ。
師匠:茶箪笥をあけると甘納豆が入ってますから、それでもどうぞ。
八つぁん:師匠!稽古に来たよ。
辰つぁん:なんだ、おめえ。俺が稽古だよ。
八つぁん:はあ、おめえは7時だろ。俺の方は7時半だ。いま何時だい?
師匠:まだ6時半ですよ。一時間も早いじゃありませんか。
八つぁん:まだそんな早いのかい。弱っちまったな。
師匠:八つぁんはそそっかしいわね。まあ上がって、お茶でも飲んで…
八つぁん:じゃあ、待たせてもらおうかな。
辰つぁん:八!おめえ、師匠の顔を見たくて、早く来ただろ。
八つぁん:まあ、そんなところだ。おめえだって、そうなんだろ。
辰つぁん:まあ、そうだけどよ。…。
熊さん:師匠!稽古に来たよ。
師匠:あら、やだ。熊さん、あなたは8時の約束じゃないの?
熊さん:いまは何時だい?
八つぁん:熊、バカやろう!いまはまだ6時半だ。
熊さん:あら~そうかい。じゃあ、待たせてもらおうかね。
辰つぁん:まあ、いいじゃねえか。おめえもこっちに来な。
半ちゃん:師匠!稽古に来たよ。
師匠:半ちゃん、あなた9時の約束でしょ。まだ6時半よ。
半ちゃん:あれ~そう。…。そんなことはわかってるんだけどね。
師匠:本当にあなたたち、なんでそう、そそっかしいのかね。
ちゃんと時間を見て、来て下さいな。うちは髪結床じゃないんですよ。
甚兵衛さん:こんばんは。師匠!稽古に来ました。
師匠:あらっ甚兵衛さん、あなたは明日でしょ。
甚兵衛さん:今日は何曜日でしたかな?一日早かった…
師匠:本当に困ってしまう。まあ上がって、お茶でも飲んでいきなさいな。
甚兵衛さん:師匠、これ、うちのおっかぁが、持っていきなって。
師匠:どうもいつもすみませんね。何ですか?
甚兵衛さん:いやいや…つまんないもの。いつもの甘納豆。
辰つぁん:何?いつも師匠んとこでご馳走になってる甘納豆って、
甚兵衛さんが持ってきてたのかい。

甚兵衛さん:まあ、そういうことですかな。つまんないもんで。
辰つぁん:いや、うめえけどよ。そういう先回りは困んだよな。
与太郎:師匠…こんばんは。お稽古に来たよ。
師匠:あら、与太さん、あなたは来週じゃなかったの?
与太郎:ええ?そうなのかい?そういわれるとそうかもしれないけど…
てえいってもね、あたいは曜日とか何日とか、よくわかんないんだよ…

辰つぁん:バカ!与太!おめえみてえなバカに稽古事なんかできんのか!
与太郎:辰つぁんねえ、そうはいうけど、ここにいるみんなと大して変わんない。
辰つぁん:うるせえ!おめえにいわれたかねえや。
与太郎:あたいは頭が悪いから、何度教わっても覚えが悪いけど…
師匠:あらそんなことないわよ。辰つぁんよりも与太さんの方が先に進んでるのよ…
辰つぁん:えっ?そんなんですか。
八つぁん:おめえは偉そうにしてるけど、まわりのことが見えてねえんだよ。
郵便:速達です。郵便です。
甚兵衛さん:はいはい。師匠、郵便ですよ。
半ちゃん:速達か。何なのかね。何か重要なことなのかい?
師匠:あら、うれしいわ。
辰つぁん:何なんですか?
師匠:大師匠から稽古所を開く免許状が届いたのよ。
熊さん:…。どういうこと?ここは稽古所じゃないの?
師匠:みなさん、そういうことで来月から稽古所を開かせてもらいますんで
どうぞ御贔屓によろしくお願いいたします。

辰つぁん:この長屋、粗忽者ばかりが揃ってるけれど
中でも師匠が一番そそっかしい。


ありがとうございました。

|

« 柳家権太楼 「幽霊蕎麦」 | トップページ | アルトゥール・ルービンシュタイン 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52007817

この記事へのトラックバック一覧です: 小噺「粗忽の稽古所」:

« 柳家権太楼 「幽霊蕎麦」 | トップページ | アルトゥール・ルービンシュタイン 2 »