« 横浜市の北側斜線 | トップページ | 大和から歩いて帰ると…再び »

2011年7月31日 (日)

カルロ・マリア・ジュリーニ 2

ジュリーニ指揮ロサンゼルス・フィルによる
チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」。
1980年11月13日にロサンゼルスの
シュライン・オーディトリウムで収録されたもの。
今日の指揮者では、もっと緩急の幅も大きく、
しなやかで滑らかな音作りも聞けるのだが、
1980年代初頭のジュリーニによる演奏で聞くと
久々に荘厳な佇まいであり、巨匠的な風格を備え、
折り目の正しい、隅々まで一点も疎かにしないという
強い信念に貫かれて、こちらも引き締まる思いである。
派手さよりも渋く中身で勝負という仕上がりだが、
これは聞けば聞くほど、心に響いてくる…感動的だ。

CDR687

|

« 横浜市の北側斜線 | トップページ | 大和から歩いて帰ると…再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52358456

この記事へのトラックバック一覧です: カルロ・マリア・ジュリーニ 2:

« 横浜市の北側斜線 | トップページ | 大和から歩いて帰ると…再び »