« 落語につぶやき 101~ぼんぼん唄 | トップページ | 落語につぶやき 102~羽織の遊び »

2011年7月 5日 (火)

東京にて…耐震強度が心配

20110705

上野界隈の下町地区で歴史と風情を感じる建物。
外壁は煉瓦風のタイル張りで下地はモルタル塗り?
屋根は瓦で…造りからすると木造なのだろう。
古びた色合いと控えめな装飾が味わいであり、
以前から好きで…前を通っては気にしていたのだが、
それが3月11日の地震
で大きな被害を受けたようなのである。
震災直後から屋根にブルーシートをかぶせたままで
瓦が動いて…割れたり、落ちたりしたのではないかと。
戦後まもなくに造られたとか…昭和30年前後の建物とか…
詳しいことはわからず、時代を特定するような情報はないが、
このように瓦屋根が打撃を受けるとは相当に揺れたはず。
東京は「震度5強」として、しかし周囲の建物は、
外見上では全く被害はなく、特に最近の建物は無傷であり、
残されている古い建物だけが被害を受けている。
耐震強度が十分に確保されていないのである。
震度5の地震でこの被害だと震度7では倒壊の恐れあり。
こうした昭和初期の趣を今に伝える建物は
ぜひ今後も守っていきたいところだが不安だ。
巨大地震に備えて、耐震補強を考えてほしい。

|

« 落語につぶやき 101~ぼんぼん唄 | トップページ | 落語につぶやき 102~羽織の遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52131663

この記事へのトラックバック一覧です: 東京にて…耐震強度が心配:

« 落語につぶやき 101~ぼんぼん唄 | トップページ | 落語につぶやき 102~羽織の遊び »