« 今日の月は…月齢19.8 | トップページ | 落語につぶやき 111~船徳 »

2011年7月23日 (土)

黒門亭で志ん馬・柳朝・小満ん

今日は小満ん師匠を聞きに朝から黒門亭へ。
第1部では、ちょっと久しぶりのほたるさんも聞けるし、
第2部の柳朝さんが、私は大好きで…楽しみはたくさん。

第1部
金原亭駒松:小町~道灌
柳家ほたる:代書屋
柳家さん枝:鰻屋
三遊亭金八:子別れ(上)強飯の女郎買い
古今亭志ん馬:船徳


前座さんでおじさんさんも入っているのだけど
第1部はまたはじめて聞く前座さんだ。
自己紹介で馬生一門の駒松さんだと判明。
「道灌」だが、前半の「小町」も付いて、
最後の「暗いから提灯借りに来た」まで
きちんとたどり着くのだから…時間配分がうまいという。
続いて、ほたるさんが登場。噺の方は「代書屋」。
ほたるさんのあの感じが好き。独特の空気がいい。
でも「代書屋」なので、権太楼師匠が見事に乗り移って
そこがまたおかしくて仕方ないという…爆笑の一席。
さん枝師匠が酒の話題から「鰻屋」だ。この噺、久しぶりに聞く。
何だかすごく楽しそうに演じられていて、するとこちらも楽しい。
仲入り後は金八さんで…「弔いが山谷と聞いて親父行き」ときて
「強飯の女郎買い」か?という…「子別れ」の(上)である。
熊五郎が吉原に三日居続けをして、酔って帰って、惚気て…
おかみさんが金ちゃんを連れて出ていってしまうところまで。
「子別れ」といえば、一般には「子は鎹」の後半なのだろうけど
前半の方が断然面白いと私は思う。今日はちょっと駆け足で。
第1部のトリは志ん馬師匠の「船徳」だ。面白かった。夏だ!
暑い盛りに川の上を船が進むのは何とも風流な気がするけれど
実際はというと…炎天下でたいへんなことにもなるのであり、
それは俄か船頭の徳さんでなくても似たようなことにはなるのでは…
ということで「船徳」のドタバタって、たまらなく面白いのだが、
徳さんは、粋に自慢げにふるまったかと思うと
うまく行かないことへの苛立ちで途中キレたり、客に八つ当たり、
しだいに疲れてきてはどうしようもなく情けない状態に
その辺の変化がいきいきと…大袈裟ぐらいがちょうどよく、
志ん馬師匠の「船徳」ははまりすぎで…よかった!

20110723a

第1部と第2部の間に散歩に出掛けて、
今日も湯島天神にお参りしてしまった。
このところ湯島の方に行って、そのまま天神様に行くのが
お決まりのルートになっていて、曇り空で暑くはなかったが
参拝者は少なく、静かな印象。夏の午後という感じだ。

20110723b

第2部
柳家おじさん:狸札
林家久蔵:目薬
春風亭柳朝:お菊の皿
柳家小満ん:三軒長屋

第2部の開口一番は柳家おじさん!おじさんさんはよくなっている。
今日のネタはお馴染み「狸札」だけど、明るく、楽しく、心地よい空気。
続いての久蔵さんは今日がはじめてのような気がして、
マクラで盛り上げて、噺も「目薬」で会場は大いに笑った。
そして柳朝さんが、彦六一門の怪談噺、幽霊ネタから「お菊の皿」。
柳朝さんは本当にいい。何だろう。とにかくいい。大好きだ。
「お菊の皿」では、はじめて麹町番町の皿屋敷に行く場面…
恐くって、柳朝さん自らがキャーキャー絶叫でビビりまくりなのだけど
これぞ怪談噺!というか、今日は鳴り物と薄どろ入りだった。
しかしこの噺、恐いのは最初だけで…後は爆笑の連続。
今日のトリは小満ん師匠の「三軒長屋」。楽しみにしていた。
「三軒長屋」はこの一年ぐらい全く聞いていないと思うのだけど
鳶の頭と剣術の先生が入れ替わるという…オチは頭に入っているので
そこまでのストーリーは、あえてすっかり忘れて聞いた方が新鮮だろうと
でも改めて聞くと…これほど登場人物の多い噺も珍しいのかも。
丁寧に一人ずつキャラを創り上げていかなくてはならなくて
その辺で適当になってしまったら、聞いているこちらはゴチャゴチャだ。
例えば、この噺で登場の女性は3人だけで…比較しやすいのだが、
鳶の頭のおかみさんは、威勢がよく、若い衆をまとめるだけの貫禄もあり、
いざとなれば、頭も叱りつける迫力がある。なにしろ強い。
それに対して、ここでのお妾さんだけど…何を着ても似合うといういい女。
お妾さんが喋り出すと…思わず会場からも笑いがもれる…それぐらい
小満ん師匠は色っぽい感じを強調して、なるほどね!という。
そしてお妾さんのところの女中だが、この人は鳶の若い衆にからかわれて
お尻が大きくて、借りた尻は返せとか…お妾さんとの対称をくっきりと出し、
ひとりずつ丁寧に演じ分けていくのである。という同じことを
男の方はというと何通りに分れることか。それはたくさんの人が登場。
あとひとつ今日聞いて気付いたことなのだが、「三軒長屋」という噺は、
物語そのものに面白さがある噺なのであり、語り聞かせるのが中心で
見せる部分は少ないのだと。つまりは食べたり、飲んだり、…
先ほどの「船徳」では、汗まみれで櫓を漕いでいたけれど
何かするという所作がほとんどなかったように思う。
見せる部分がないという点では、本当に語りだけの話芸に頼る…
相当な技量がないと仕上がらない…恐ろしい噺のようにも思えるのだが、
「三軒長屋」という噺、その辺、いかがなものなのだろう。
今日は師匠独特の味わいでじっくり聞かせていただいた。
またひとつ…今後に財産となる一席に立ち会えたと思う。

20110723c

|

« 今日の月は…月齢19.8 | トップページ | 落語につぶやき 111~船徳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52292115

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で志ん馬・柳朝・小満ん:

« 今日の月は…月齢19.8 | トップページ | 落語につぶやき 111~船徳 »