« 大和から歩いて帰ると…再び | トップページ | 今日の月は…月齢3.3 »

2011年8月 2日 (火)

落語につぶやき 114~本所の噺

「本所」という地名を昔から知っているのは、
「忠臣蔵」の吉良邸が本所にあったというのを聞くからで
そこは本所松坂町で現在の両国3丁目だそうだが、
本所警察署などもすぐ近くで両国だし、本所は両国かと思うと
現在の墨田区本所で「本所」という地名が残っているのは
ずっと浅草寄りの…江戸の頃の「本所」は広かったようである。
落語で有名なのは「本所達磨横町」であり、
夏の「唐茄子屋政談」、冬の「文七元結」だが、
駒形橋に近い墨田区東駒形の周辺である。
他にも度々「本所」という地名は噺に登場するが、
最近聞いた噺で「ぼんぼん唄」においても
「本所相生町」が出てきて、こちらは両国の近くらしい。
あとは「真景累ヶ淵(二)深見新五郎」で
新五郎がお尋ね者ながら江戸に戻ってくるところ、
そこが本所松倉町で…お縄になるという場所であるが、
ネットで調べるとやはり現在の墨田区東駒形であった。

|

« 大和から歩いて帰ると…再び | トップページ | 今日の月は…月齢3.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52376088

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 114~本所の噺:

« 大和から歩いて帰ると…再び | トップページ | 今日の月は…月齢3.3 »