« 落語につぶやき 120~三題噺を聞く | トップページ | 佐渡裕のドキュメント »

2011年8月19日 (金)

落語につぶやき 121~雨の将棋

今日の天気に合わせて、「雨の将棋」の一席。
五代目古今亭志ん生師匠の録音である。
珍しい演目であるが、この噺は「笠碁」のこと。
志ん生師匠の将棋好きは有名だが、
王手飛車取りで飛車が逃げてしまったり…
王様が見当たらないと思ったら、しまってあるとか…
将棋に関する笑いをいろいろ盛り込んで、
待つ待たないでモメはじめるとそこからは「笠碁」である。
しかしオチは「かぶり笠取らない…」ではなく、
「王様がどっか行っちゃった」で…王がないのに王手したり、
どこかに隠れたとか…何だかよく聞きとれない。

|

« 落語につぶやき 120~三題噺を聞く | トップページ | 佐渡裕のドキュメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52516642

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 121~雨の将棋:

« 落語につぶやき 120~三題噺を聞く | トップページ | 佐渡裕のドキュメント »