« アンドレ・プレヴィン 5 | トップページ | ロリン・マゼール 4 »

2011年9月15日 (木)

落語につぶやき 127~真打昇進

来年(2012)春に一之輔さんが、
そして秋には朝太さんと菊六さんが
真打昇進すると落語協会より発表された。
私は朝太さんが大好きで応援しているので
これはうれしいニュース!
おめでとうございます。

しかしここで…すでに落語ファンの間で
いろいろな意見が飛び交っているのは、
香盤表の順番で行くと…上位の朝太さんで8人抜き、
一之輔さんが21人抜き、菊六さんは28人抜きである。
抜かれる側の気持ちをつい考えてしまう。
厳しいことをするな…というのをまず思う。
何をそんなに急いでいるのだろう。
誰もが実力を認める人気の二ツ目でいいではないか…
真打になって、寄席定席の出演は増えるかもしれないけれど
自分の会との両立が難しくなって、落語会が減ったりしたら、
かえってファンが離れたりすることもあるのでは…
何か…祝福よりもショックが大きい今回のニュースである。

|

« アンドレ・プレヴィン 5 | トップページ | ロリン・マゼール 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52738292

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 127~真打昇進:

« アンドレ・プレヴィン 5 | トップページ | ロリン・マゼール 4 »