« 横浜の風景から 192 | トップページ | 9月20日の感想 »

2011年9月19日 (月)

落語につぶやき 128~後家安

木曜日の柳家小満んの会で「後家安」という噺が出ているが、
全く知らない噺で…そろそろ予習をしておこうかなと
しかし落語事典にも載っていないようで…
「後家」というと有名なのに「猿後家」という噺があり、
圓生の録音が残されている「後家殺し」という噺もある。
しかし「後家安」はどうもそれらとも別の噺のようで
するとネットで情報を集めるしかないのだが、
志ん生の録音で「後家安とその妹」という演目があるらしい。
だとしたら…この噺は、どうやら圓朝作品だそうである。
「鶴殺疾刃庖刀(つるころしねたばのほうちょう)」から
後家安こと小笠原安次郎の登場する場面かと。
この後家安とは極悪人キャラだそうで
圓朝ならではの痛快ストーリーが期待できるかも。
「鶴殺疾刃庖刀」は圓朝の名で新聞に連載されたが、
実際のところは條野採菊の作という記述もある。
噺の中身は当日のお楽しみで…今から待ち遠しい!

|

« 横浜の風景から 192 | トップページ | 9月20日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52776292

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 128~後家安:

« 横浜の風景から 192 | トップページ | 9月20日の感想 »