« 柳家小満ん 「蜆売り」 | トップページ | 落語につぶやき 132~鰍沢Ⅱ »

2011年10月13日 (木)

柳家小満ん 「大工調べ」

昨年の柳家小満んの会の録音で…これで最後となるが、
今日は2010年5月13日のお江戸日本橋亭からの三席。
演目は「写真の仇討」「鰍沢Ⅱ」「大工調べ」。
この会も実に魅力的で、三席とも素晴らしい。
有名な「鰍沢」の続編で「鰍沢Ⅱ」…これは珍しい。
同じく三題噺だそうだが、「花火」「後家」「峠茶屋」による。
「鰍沢」の方は、題名の通り…甲州鰍沢での噺だが、
こちらは越後と信濃の国境で明神峠の茶屋が舞台である。
あまり演じられないというのにも…ちょっと話がわかりにくく…
でもこれが聞き進むと面白い。しかし後半、急展開で
鰍沢で逃げた旅人が仇討に現れるのは無理がある!
という苦情は圓朝師匠に…そこが「後家」というオチ。
「後家」というのは片方がなく、つまりはちぐはぐということ。
仲入り後は「大工調べ」で…今年の正月に師匠で聞いたけど
いろいろ思い出しつつ、この録音は最高だ!
早口で威勢のいい棟梁の政五郎と抜けている与太郎が
家主に啖呵を切る有名な場面だが、聞き惚れる。

CDは下記のサイトから購入できます。
みなさんもぜひお聞きになってください。
http://www.comann.info/

|

« 柳家小満ん 「蜆売り」 | トップページ | 落語につぶやき 132~鰍沢Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52984649

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小満ん 「大工調べ」:

« 柳家小満ん 「蜆売り」 | トップページ | 落語につぶやき 132~鰍沢Ⅱ »