« 横浜の風景から 196 | トップページ | ベルリンフィル2010/2011 »

2011年10月24日 (月)

新宿末広亭の録音から

ちょうど一年前のことになるが、
インターネット落語会で配信された
新宿末広亭からの四席。
古今亭志ん弥:宮戸川
古今亭菊丸:ふぐ鍋
柳家小袁治:生兵法
柳亭小燕枝:猫の災難
冬も近いこの時期に合わせて聞いている。
「ふぐ鍋」は鍋の季節だし、他の噺も
マクラで秋冬の空気が漂っているのである。
小燕枝師匠はトリでたっぷり30分の「猫の災難」だが、
前の三席は10分ちょっとの短い高座ながら楽しい!
「生兵法」は「胸肋鼠」という別名もあるそうだけど、
こういう珍しい噺は大好きで、貴重な録音はうれしい。

|

« 横浜の風景から 196 | トップページ | ベルリンフィル2010/2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53075817

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿末広亭の録音から:

« 横浜の風景から 196 | トップページ | ベルリンフィル2010/2011 »