« ラザール・ベルマン 3 | トップページ | 落語につぶやき 130~二十四孝 »

2011年10月 1日 (土)

黒門亭で小満ん・小ゑん・菊之丞

今日は小満ん師匠と小ゑん師匠が出演で黒門亭へ。
絶対に聞かねば!という日なのである。私にとっては…
第1部のトリが志ん丸さんで「火焔太鼓」だし、
第2部も菊之丞さんで「抜け雀」という…これは魅力的だ。
後でわかったことだけど、10月1日は志ん朝師匠のご命日で
今年でちょうど10年になるという…それで今日の企画は
古今亭の若手による「火焔太鼓」と「抜け雀」だったのである。
なるほど。いわれるまで気付かなかった。

第1部
柳亭市也:のめる
入船亭遊一:真田小僧
柳家小満ん:二十四孝
鏡味仙三郎:太神楽
古今亭志ん丸:火焔太鼓


前座さんは市也さんと駒松さんのふたりで
第1部は市也さんから。先日の柳家小満んの会と同じく「のめる」。
いま覚えたてで熱心にかけているのかも。いうまでもなく上手い。
まだ習得中で完成している感じではないけれど…
でも十分に説得力があって、しっかり聞かせている印象があるのは、
市也さんは自分の言葉できちんと喋って、表面的なところがなく、
だから少々ミスっても…噺の流れが途切れてしまうことはないのである。
続いて遊一さんが「真田小僧」を「薩摩に落ちた」のオチまで。
この噺は楽しく…でも前半のみのことも多くて、通しで聞けるのはうれしい。
賢いけれど…ちょっと生意気な金ちゃんが、遊一さんははまりすぎ!
小満ん師匠が「二十四孝」。来た!先月の日本橋亭での小満んの会で
「二十四孝」がかかっていて、私は聞けなかったので…これはよかった!
この噺も有名だけど、あまり聞けない気がして、実演でははじめてかも。
大家さんのお説教は絶品で…それが八五郎はものともせず…
こういうやり取りは小満ん師匠は実に見事で、本当にいい!
似ている感じではあるけれど「天災」も聞いてみたいな…って。
仲入り後、寄席の吉右衛門こと太神楽の仙三郎師匠。
普段は鏡味仙三郎社中(仙三郎・仙志郎・仙三・仙花)で活動しているが、
今日は黒門亭で…場所がなく…仙三郎師匠おひとりで登場。
以前に仙志郎さんがやはりおひとりで黒門亭登場のときに見ているのだが、
黒門亭のあの広さでの太神楽って、本当に感動してしまう。
ひとつひとつが名人芸なわけだが、それを目の前で体感できる喜び!
今日も見ていて、惚れ惚れして、あまりの妙技に釘付け…
仙三郎師匠のファンになることは間違いなしなのである。
第1部のトリは志ん丸さんの「火焔太鼓」。面白かった。高座が明るい!
志ん丸さんの喋りは、結構クセのある方だと思うのだけど
これが心地よくって、すべてがプラスに働くのだから…私は好きである。
第1部だけでも…かなりの満足な印象で、やっぱり今日は大正解!

20111001a

第2部
金原亭駒松:狸札
柳亭市也:一目上がり
古今亭駒次:反対俥
柳家小ゑん:アクアの男
古今亭菊之丞:抜け雀

第2部の開口一番は駒松さん!今日で聞くのは二回目になる気がする。
噺はお馴染みの「狸札」で…駒松さんも表情豊かでいい。
調べてみたら…以前に聞いたときは「道灌」だった。
そして続いて再び…市也さんは今日二度目の高座だが…
ご隠居と八五郎で「道灌」かと思ったら「一目上がり」だった。珍しい。
駒次さんが鉄道ネタのマクラから同じく乗り物ということで「反対俥」。
それが…後半の速い方の車夫だけど、激しい!飛んだり、跳ねたり。
これまでに見てきた「反対俥」の中でも…その速いという感覚が、
ここまで直接に伝わってくるのでは、今日の駒次さんがピカイチかも。
とにかく高座の上での動きが激しくて、速くて見えない仕草もあり、
本当に風を切って、高速に走っているように見えるのである。
すごかった。スピード感というのでは、駒次さんに向くのかも。
続いて小ゑん師匠。面白かった。とにかく笑った。今日は絶好調!
マクラもたっぷりで「歌舞伎が嫌い!」から「現在のアキバ」を嘆き、
オタク系の噺へと向かっていったのだが、品川水族館のアナウンス!
来た!「アクアの男」。かなり怖い水族館オタクの内海さんが面白くって。
オタク噺の小ゑん師匠は何て素晴らしいのだろう。本当に面白い。
こんなに面白い噺があるのか!というぐらい笑って笑って、興奮。
会場も爆笑に包まれて、いくら落語が楽しいといっても
こんなに盛り上がるのって、そうはなく、今日も最高だった。
笑いの起爆剤となるマニアックな要素が、物語の流れに乗って
巧みに配置されていて、その緻密な設計は小ゑん師匠ならでは。
久しぶりに苦しくなるくらい笑ってしまった。幸せな時間。
今日のトリは菊之丞さんの「抜け雀」。実はかなり久しぶりで
でもテレビやラジオで接するチャンスは多いので
聞いている気はするのだけど…実演は二年ぶり?二年半?
それで「抜け雀」を聞いてみると…やっぱりなるほどな…って
菊之丞さんは姿がよくて、絵になって、人気があるわけである。
しかしそれにしても…今日の「抜け雀」は特によかったと思うし、
古今亭の大切な噺…いい噺だなって、改めて感じる一席であった。

20111001b

第2部番頭のちよりんさんがお見送り。
ありがとうございました。

|

« ラザール・ベルマン 3 | トップページ | 落語につぶやき 130~二十四孝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/52887062

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小満ん・小ゑん・菊之丞:

« ラザール・ベルマン 3 | トップページ | 落語につぶやき 130~二十四孝 »