« 柳家小満ん 「羽団扇」 | トップページ | 横浜の風景から 203~権太坂 »

2011年11月26日 (土)

横浜の風景から 202~保土ヶ谷宿

江戸時代の旅人は、一日に男で十里、女で九里、
つまり40kmとか女の人の足でも36kmも歩いたという…
日本橋を出発して、最初の晩は戸塚宿に泊るのである。
品川、川崎、神奈川、保土ヶ谷、戸塚という順番。
現代人にはとても真似のできない距離だが、
自分の足で歩いてみて、少しでも感覚がつかめたら…と
今日は保土ヶ谷宿から戸塚宿への東海道の旅に出てみた。

20111126a

相鉄線の天王町で下りて、まずは保土ヶ谷宿の江戸方見附。
ここを今日のスタート地点とする。この辺は何度も来ているので
お馴染みの場所だが、橘樹神社は毎月の商店街のお祭りで
今日は外から少し覗いただけ。すごい人出だった。

20111126b1

帷子川に架かる帷子橋だが、現在の様子。
以前は洪水も多かった川であり、川の流れが時代によって
変化しているようで、江戸時代の帷子橋はもう少し南にあった。

20111126b2

天王町の駅前広場にある旧帷子橋跡。

20111126c1

保土ヶ谷宿の現在の様子。
保土ヶ谷税務署のある通りで、南を見ている。
助郷会所跡、問屋場跡、高札場跡の碑がある。

20111126c2

金沢横町の道標四基。金沢方面への分岐点で
「圓海山之道」「かなさわ・かまくらみち」「杉田道」
「富岡山芋大明神社の道」の道標がある。

20111126c3

保土ヶ谷宿の現在の様子。
JR東海道線の踏切手前から北を見ている。

20111126d1

本陣跡で軽部家である。工事中であった。
昔の面影を残す蔵が残されている。

20111126d2

旅籠本金子屋跡。
他にも脇本陣跡の碑もある。

20111126e

東海道から少し寄り道をして、八幡橋で今井川を渡り、
山の方へと上っていく八幡神社。

20111126f1

東海道の一里塚と松並木。国道1号線に復元されたもの。

20111126f2

松並木から今井川の対岸にある外川神社。
旅の安全を祈願して…

|

« 柳家小満ん 「羽団扇」 | トップページ | 横浜の風景から 203~権太坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53341973

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 202~保土ヶ谷宿:

« 柳家小満ん 「羽団扇」 | トップページ | 横浜の風景から 203~権太坂 »